ここから本文です

モラハラ男を見分ける3つの極意。「顔は妥協すべきじゃなかった」と語る、離婚経験者の真意とは

2019/12/4(水) 18:45配信

LIMO

『実は私、離婚したんだよね。ここ1年は連絡も取ってないから分からない』

僕が尊敬していた大学の先輩・壮太さん(仮名)と連絡がとれず、奥さんの果歩さん(仮名)に連絡してみるとこの返答。奥さんの果歩さんも大学の先輩であり、2人は学生時代から交際していました。

「まさか。ベストカップルの結婚って感じだったのに…」

僕は壮太さんの結婚式でムービーをつくるなどのお手伝いをしたこともありました。
果歩さんに何があったのか気になって尋ねると、驚愕の答えが返ってきました。

『私にブス、ババアという暴言も激しかったし、子どもに「死ね」って言ったり、とにかく家族への思いやりのなさが耐えられなかった』

壮太さんは後輩の面倒見がいいと評判の先輩で、僕も「不器用だけどやさしい人」という印象でした。

たぶん、周囲の人たちもみんな同じ評価だったと思います。いったい何があったのか、果歩さんに詳しく聞いてみました。

そもそもなんで結婚を決めたのか

夫・壮太さんは後輩からも慕われていて、絵に描いたようなやさしい先輩でした。果歩さんも同じような印象だったそうです。

果歩さんは誰が見ても「美人」というような見た目。街中を歩いているだけで写真を撮られ、ある特集で雑誌の紙面を飾ったこともあります。

一方、壮太さんはイケメンと言われることはない見た目。でも、内面の温かさがにじみ出たような雰囲気です。周囲からは「美女と野獣」と言われていましたが、僕にはお似合いのカップルに見えました。

果歩さんも壮太さんの外見で付き合ったのではなく、温かい内面に惹かれて付き合い始めたのだそう。

果歩さんは美人なので、正直どんなイケメンでも狙えると思います。しかし、果歩さんは別にイケメンに興味がなかったとのこと。『真剣に付き合うには外見より内面を重視した方がいい』と冷静に判断したのだそうです。

付き合い始めても、壮太さんの印象は変わらなかったと言います。
『結婚するのに外見は関係ないし、こういう内面が温かい人が良いんだろうな』と考えた果歩さんは、壮太さんとの結婚を決めたのでした。

1/3ページ

最終更新:2019/12/4(水) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事