ここから本文です

萩尾望都のデビュー50周年記念『ポーの一族展』、大阪・梅田にファン集結

2019/12/4(水) 22:30配信

Lmaga.jp

漫画家・萩尾望都の『デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」』が12月4日から、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)でスタート。初日から大勢のファンが集った。

【写真】展示やグッズ

1976年に連載を終了し、2016年に復活した『ポーの一族』をはじめ、『トーマの心臓』、『残酷な神が支配する』など、幅広いジャンルの名作を生み出し続けている萩尾望都。今回は、デビュー50周年を記念して、その美しく唯一無二の画業を、原画やカラー扉絵などで振りかえる内容となっている。

また、萩尾もファンである宝塚歌劇団で2018年に上演されたミュージカル・ゴシック『ポーの一族』の衣装や小道具も展示。こちらは主役を務めたトップスター明日海りおが11月24日に退団したばかりとあって、場外に設けられたフォトスポットでは記念撮影する人が続出した。

初日のトークイベントに参加した西宮市の50代女性は、「小学生のときに読んだ『11人いる!』からずっと好きです。ファンの間で、最近の『ポーの一族』が宝塚歌劇団の出演者に似てきていると話題だったのですが、ご本人が『影響されています』とおっしゃったのを聞くことができて本当にうれしかったです」と大満足の様子だった。

会場では、図録(2700円)、クッキー缶(1200円)などオリジナルグッズのほか、コミックや雑誌なども販売(以上税別)。開催は12月16日まで、入場料金は一般800円ほか。

最終更新:2019/12/4(水) 22:30
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事