ここから本文です

タクシーだけど個人所有も可能!? 都内で急増するトヨタ「ジャパンタクシー」の魅力とは

2019/12/4(水) 19:30配信

くるまのニュース

22年ぶりのタクシー用モデル「ジャパンタクシー」は人気も上々

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づくにつれ、さまざまなモノが次世代へと切り替わりつつあります。訪日外国人も増加を続け、気がつけばインバウンド対策として建物が新しくなり、乗り物も変化してきました。

白いジャパンタクシーは激レア? 詳細画像でチェックする(24枚)

 なかでも2017年10月にデビュー以来、台数を増やしているのが、トヨタが開発した次世代タクシー「ジャパンタクシー」です。

 東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都内のジャパンタクシーは「深藍(こいあい)」と呼ばれるボディカラーと、オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様となるレインボーカラーのナンバープレートで統一されています。

 東京都では、オリンピックの開催に合わせ、ユニバーサルデザインのタクシー普及を促す「次世代タクシーの普及促進事業」を実施。

 次世代タクシーを導入する事業主に対して補助金を出していることもあり、徐々にジャパンタクシーが増えてきています。

 またトヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピックのロゴをリアドアに広告ラッピングした「深藍限定車」を用意していることもあり、都内のタクシーはジャパンタクシーに置きかわっているのです。

 現在、都内で日中営業しているタクシーが約3万台といわれていますが、2020年には都内だけでも1万台のジャパンタクシーが走ることになるという予測もあります。

 長年タクシー用として親しまれてきた「クラウンコンフォート」に変わるべく、22年ぶりに登場したジャパンタクシーとはどのようなクルマなのでしょうか。

 ジャパンタクシーのプラットフォームは、人気コンパクトミニバン「シエンタ」をベースとしています。

 見切りのいい箱型の背高ボディは、日本の道路事情を考慮した5ナンバーサイズに収まる4400mm×全幅1695mm×全高1750mmという大きさで、運転がしやすいことも特徴です。

 コンパクトサイズながら高級感と存在感を感じさせるのは、やはり日本の伝統色「深藍」が持つ気品といえるのではないでしょうか。

 エンジンは、74馬力を発生する1.5リッターエンジンと、61馬力のモーターを組み合わせたハイブリッド方式で、トランスミッションは電気式無段変速機で駆動方式はFFとなっています。

 使用する燃料はLPG(液化石油ガス)で、JC08モード燃費は19.4km/Lと、従来のクラウンコンフォートの1.5倍近い燃費性能を実現しました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 12:53
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事