ここから本文です

YouTubeを観て「セダン」を買う若年層が急増中!? 車の買い方が変化してきた理由とは

2019/12/4(水) 7:10配信

くるまのニュース

セダンを購入する若者が増えているのはナゼ?

 最近の売れ筋モデルといえば軽自動車ですが、SUVやミニバンも人気があります。

 SUVは各社からさまざまなモデルが登場し、都会でもアウトドアでも映えるカッコ良いスタイルが支持を得ています。

【画像】YouTubeで気になった人が続出!セダンの代表格「マツダ3」って?(35枚)

 トヨタ「RAV4」などのミドルサイズSUVをはじめ、トヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」のクロスオーバーSUVや、さらにコンパクトなトヨタ「ライズ」&ダイハツ「ロッキー」などの5ナンバーサイズのSUVも登場するなど、競合がひしめき合う状況です。

 また、ミニバンはファミリーカーとして使い勝手が良いのが特徴で、コンパクトサイズのトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」、ミドルサイズのトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」や日産「セレナ」、ラージサイズのトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」など、それぞれの特色を打ち出しています。

 一方で、昔からの定番モデルだった「セダン」は、車種のラインナップは多いものの、かつてと比べると需要が低下しています。SUVやミニバンに魅力的なモデルが増えたこともあり、セダンが売れなくなっているのです。

 そんななか、マツダが2019年5月に発売した新型「マツダ3」の開発者から、興味深いことを聞きました。

 マツダの新世代商品の第1弾として登場したマツダ3は、ファストバックという5ドアバッチバックと、セダンのふたつのボディスタイルを持つクルマです。これまでは「アクセラ」として販売されていましたが、新型モデルからマツダ3という名称に変更されました。

「マツダ3を購入するお客さまの年齢は幅広いです。50代もいますが、クルマをあまり買わなくなったといわれる20代から30代のお客さまも少なくありません。

 ボディタイプの販売比率は、ファストバックが80%で、セダンは20%ですが、このうち、若いお客さまがセダンを購入されるケースもあります。

 いまの若い人は子供の頃から自宅にミニバンがあり、セダンには不慣れですが、逆にそこが新鮮に感じることもあるようです」(マツダ3開発者)

 一般的に若いユーザーは、クルマを生活のツールだと割り切って利用するイメージがありますが、外観のデザインに魅力を感じてセダンを購入することもあるようです。たとえ少数派でも、これは注目すべき消費動向でしょう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 14:19
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事