ここから本文です

【プレミア注目プレビュー】スパーズで“スマイル・ワン”に変貌のモウリーニョがOTで古巣初対戦!

2019/12/4(水) 18:00配信

超WORLDサッカー!

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが日本時間4日28:30にオールド・トラッフォードでキックオフされる。直近2戦連続ドローで足踏みする9位ユナイテッド(勝ち点18)と、監督交代ブーストで連勝の5位トッテナム(勝ち点20)による、上位浮上を懸けたミッドウィーク開催のビッグマッチだ。

今季開幕から不振に陥るユナイテッドは、ここまで一度もリーグ戦での連勝がなく、浮上のキッカケを掴めずにいる。直近の2試合ではシェフィールド・ユナイテッドに3-3、前節のアストン・ビラ戦はホームで2-2のドローと昇格組相手に勝ち切れず。リーグ戦3試合連続で複数得点を奪えている点は唯一ポジティブな要素だが、守備と試合運びの両面で多くの課題が浮き彫りになっている。

その苦しい流れの中で今節はトッテナム、その3日後には敵地でマンチェスター・シティとのダービーと、スールシャール体制の今後を大きく左右する重要な連戦に臨む。

一方、開幕から3勝4敗5分けの14位と近年稀に見る大不振に陥ったトッテナムは、先月19日に5年半を共に歩んできたポチェッティーノ前監督を電撃解任。その翌日には前ユナイテッド指揮官のモウリーニョ監督を新指揮官に招へい。ここ数年、評価を下げているポルトガル人指揮官の招へいは大きな博打と思われたが、約1年の休養期間を通じて傲慢さの象徴とも言える“スペシャル・ワン”の愛称から、穏やかな“スマイル・ワン”へと変貌を遂げ始めている同監督は就任以降、公式戦3連勝とここまでは見事な立て直しを見せている。

ここまでの3試合ではいずれも2失点を喫している一方、そのすべてで3点以上を挙げるなど、攻撃面の躍動感が際立つ。また、初陣となったウェストハム戦では昨シーズンから続いていたアウェイ未勝利という、負の連鎖を13戦ぶりにストップするなど、指揮官としての勝負強さを発揮。仮に、今回のオールド・トラッフォード初帰還の一戦をモノにできれば、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて大きく視界が開けるはずだ。

なお、昨シーズンの両チームの対戦成績は1勝1敗。ただ、昨季のオールド・トラッフォードでの試合はトッテナムが3-0で圧勝している。また、今回古巣初対戦となるモウリーニョ監督だが、対ユナイテッドの通算戦績は9勝8分け3敗と圧倒的な相性の良さを見せている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン

GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー
MF:マクトミネイ、フレッジ
MF:ダニエル・ジェームズ、リンガード、ラッシュフォード
FW:マルシャル
負傷者:DFバイリー、フォス=メンサー、ロホ、ジオゴ・ダロト、MFポグバ、マティッチ、マクトミネイ、FWマルシャル
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバ、バイリー、ロホらの欠場が確定。その一方で、マクトミネイとマティッチに関しては練習復帰しており、起用できる可能性がある。ただ、今週末にダービーを控えていることもあり、スールシャール監督は難しい選択を迫られることになる。さらに、試合前日にはマルシャルに筋肉系のトラブルが発生したとの情報も出ている。

システムに関しては3バックのオプションもあるが、マグワイアとリンデロフの相棒に適任者がいないため、引き続き[4-2-3-1]を継続するはずだ。スタメンに関しては左サイドバックとフレッジの相棒、トップ下の人選に幾つかの可能性がある。

左サイドバックはスールシャール監督の覚えめでたいブランドン・ジェームズ抜擢の可能性もある。フレッジの相棒はコンディション次第でマクトミネイ(マティッチ)の復帰が想定も、間に合わない場合は引き続きアンドレアス・ペレイラ。トップ下はリンガードを予想も、ペレイラ、マタにチャンスが与えられる可能性も十分にある。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
▽トッテナム予想スタメン

GK:ガッサニーガ
DF:オーリエ、ダビンソン・サンチェス、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン
MF:ダイアー、ウィンクス
MF:ムサ・シソコ、デレ・アリ、ソン・フンミン
FW:ケイン
負傷者:GKロリス、フォルム、DFベン・デイビス、MFラメラ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては直近の数試合を欠場している4選手が引き続き欠場となる。

システムに関しては攻撃時に右肩上がりの3バックとなる可変式の[4-2-3-1]の継続が濃厚だ。スタメンに関しては左サイドバック、セントラルMF、右ウイングの人選に注目が集まる。アウェイの戦いを考慮すれば、右ウイングにシソコ、ダイアーの相棒にウィンクス、左サイドバックにヴェルトンゲンを起用。逆に攻撃的に戦う場合は同じポジションにルーカス・モウラ、エンドンベレ、ローズを配置することになるはずだ。

★注目選手
◆マンチェスター・ユナイテッド:MFダニエル・ジェームズ

ユナイテッドの注目プレーヤーは鮮烈スタートから一転、ここ最近プレミアの壁にぶつかり始めているD・ジェームズだ。今季、スウォンジーからステップアップを遂げた22歳のウェールズ産ウイングは開幕4試合で3ゴールを挙げる爆発力を発揮。しかし、その後はリーグ屈指のスピードと勝負度胸満点の仕掛けを武器に攻撃の起点を担う一方、相手からの対策が進んだこともあり、加入前に危惧されたアタッキングサードでの判断力や精度という課題に直面。元々、スウォンジー時代からゴールを量産するタイプでなく以降の試合でも3アシストと結果を残しているのは確かだが、後半戦に向けてそろそろキッカケとなるゴールがほしいところだ。

今回のスパーズ戦では相手の分析、長所を消すことに長けたモウリーニョ監督との対峙ということもあり、元教え子のラッシュフォードやマルシャルらアタッカー陣は窮屈なプレーを強いられる可能性が高い。その中で相手指揮官にとって未知数な存在と言える韋駄天がチームの攻撃を牽引したい。どちらのサイドでの起用かは不明だが、スパーズは相手ワイドプレーヤーのカットインからのミドルシュートへの対応が非常に甘く積極的に足を振っていきたい。

◆トッテナム:MFデレ・アリ

トッテナムの注目プレーヤーは新体制移行で本来の輝きを取り戻し始めたデレ・アリだ。ポチェッティーノ前監督の下でイングランド代表の主力にまで上り詰めた23歳だが、直近2シーズンは度重なる筋肉系のトラブルや多岐に渡る起用法の影響もあってパフォーマンスが低下。とりわけ、昨季はリーグ戦での出場数が初めて30試合を下回り、得点数もスパーズ加入後最低となる5ゴールに留まった。

しかし、モウリーニョ新監督が就任した直近の公式戦3試合では前節のボーンマス戦での2ゴールを含め3ゴール1アシストとスタッツ面で目まぐるしい改善を見せている。現体制では[4-2-3-1]のトップ下に固定されており、キャリアハイの公式戦22ゴールを記録した2016-17シーズンのようなセカンドトップに近い役割が与えられている。その中でよりボールへの関与を強めるエースFWケインとの絡みが増えており、その補完性も抜群。さらに、かつて猛威を振るったアルデルヴァイレルトとのホットラインも復活の兆しを見せており、ここ数年鳴りを潜めた質の高いオフ・ザ・ボールの動きがボランチと最終ラインの連係に難があるユナイテッドの脅威となるはずだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/4(水) 18:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事