ここから本文です

韓国、中国、香港との対戦に向けて日本代表・森保一監督「対戦国以上に日本のために戦って勝つ」《E-1選手権》

2019/12/4(水) 14:23配信

超WORLDサッカー!

日本サッカー協会(JFA)は4日、韓国で開催されるEAFF E-1サッカー選手権2019に臨む日本代表メンバーを発表した。

E-1選手権は、10日から18日にかけて韓国で開催。日本以外に、韓国代表、中国代表、香港代表が出場する。

今回のメンバーには、U-22日本代表を経験している選手が多く含まれ、初招集は10名となったが、森保一監督は「この経験をもってさらに成長して欲しい」とコメントした。なお、今シーズンの明治安田生命J1リーグで優勝争いをし、得点ランキングでもトップに立っている横浜F・マリノスのFW仲川輝人が唯一U-22世代以外での初招集となった。

◆森保一監督(日本代表)
「このE-1選手権は、東アジアの国々との対戦ということで、日本代表の活動はどの国と戦っても国の威信を懸けて戦うという厳しい戦いが待っていますが、このE-1選手権、東アジアの諸国は特に国の威信を懸けて戦いに挑んでくるということ。我々が対戦国以上に日本のために戦って勝つということ。日本のサッカーを背負って、応援してくださる方々の思いを背負って勝利にこだわり、戦うということを実践していきたいと思います」

「そして、実践していく中で、選手たちがこの厳しい戦いをもって貴重な経験を成長につなげていって欲しいと思います」

「今回のメンバー編成の中で、U-22日本代表しか経験していない選手も多く含まれていますが、まずはこの経験をもってさらに成長して欲しいということ、経験のある選手はこれからの日本代表を背負っていく戦力ということを、この大会をもってまずは自分のプレーで示してもらいながら、若い選手に背中をもって成長の働きかけをしてくれる。そして、経験を伝えてもらえればなと思っています」

「結果にこだわりつつ、この大会でも選手層を厚くする、選手もチームも成長するということを考えながら戦っていきたいと思います」

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/4(水) 14:52
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事