ここから本文です

新型 アウディRS6アバントに試乗 600psの全天候対応ステーションワゴン

2019/12/4(水) 9:50配信

AUTOCAR JAPAN

全天候対応ハイパフォーマンス・モデル

アウディRS6は、全天候対応型の最も扱いやすいハイパフォーマンス・モデルだといえる。雨が多く冬の寒い国でも、600psを楽し見たいと思えるクルマはそう多くはない。

ドライバーを興奮させるというより、強く感動させるのがRS6。積極的なドライビングを楽しみたいなら、相当に攻め込まないと難しい。かといって一体感は高くなく、クルマがドライバーを急き立てるような感覚にも薄い。

天候や路面を選ばない能力の圧倒的な高さにこそ、RS6の真価がある。多くのドライバーが満足する安楽なロードマナーを保持した、車重2tを超える荷室の広いステーションワゴンが、ずば抜けた加速を沈着に披露するのだ。

ライバルモデルとなる、BMW M5やメルセデスAMG E63エステート、ポルシェ・パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモの方が、ドライバーに対する訴求力は強い。しかし、季節を問わず年中乗れるというアウディRS6の事実は、多くのドライバーには大きな選択材料となるはず。

この全天候型ハイパフォーマンス・モデルという位置づけは、RS6に限らず、次代のアウディ・スポーツ製モデルに通じるストロングポイントとなることも、間違いないだろう。

アウディRS6アバントのスペック

価格:9万2750ポンド(1298万円)
全長:4939mm(標準A6)
全幅:1886mm(標準A6)
全高:1470mm(標準A6)
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:3.6秒
燃費:7.8-8.0km/L
CO2排出量:-
乾燥重量:2150kg
パワートレイン:V型8気筒3993ccツインターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:600ps/6000-6250rpm
最大トルク:81.4kg-m/2050-4500rpm
ギアボックス:8速オートマティック

AUTOCAR JAPAN

3/3ページ

最終更新:2019/12/4(水) 9:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事