ここから本文です

【F1アブダビテスト1日目・タイム結果】トロロッソ・ホンダのクビアトが3番手。フェルスタッペンは最多周回重ねる

12/4(水) 6:06配信

オートスポーツweb

 2019年F1最終戦アブダビGPが開催されたヤス・マリーナ・サーキットで、12月3日、ピレリのタイヤテストがスタート、全10チーム12人のドライバーが参加した。

2019年F1アブダビテスト1日目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 ドライコンディションの下、各チームは2019年のタイヤと2020年用タイヤの比較テストに取り組んだ。

 トップタイムをマークしたのはメルセデスのバルテリ・ボッタス(1分37秒124)。このタイムは2019年C4タイヤでの走行で記録された。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2020年C3タイヤで7番手。フェルスタッペンはこの日最多の153周を重ねた。

 トロロッソ・ホンダは午前に走行したショーン・ゲラエルが11位(2020年C4タイヤ)、午後のダニール・クビアトが3位(2020年C5)となった。

 この日、2020年ルノーのレースドライバーのエステバン・オコンが登場、同チームでの仕事をスタートし、8番手タイムをマークした。

■アブダビF1タイヤテスト1日目・タイム結果(2019年12月3日)
Pos/Driver/Team/Time(tyre)/Laps
1/バルテリ・ボッタス/メルセデス/1'37.124(2019年C4)/138
2/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ/1'37.991(2020年C5)/136
3/ダニール・クビアト(午後)/トロロッソ・ホンダ/1'38.183(2020年C5)/72
4/セルジオ・ペレス/レーシングポイント/1'38.434(2020年C5)/120
5/ロマン・グロージャン/ハース/1'39.526(2020年C5)/146
6/ランド・ノリス/マクラーレン/1'39.741(2020年C5)/125
7/マックス・フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ/1'39.926(2020年C3)/153
8/エステバン・オコン/ルノー/1'39.962(2020年C4)/77
9/ジョージ・ラッセル(午前)/ウイリアムズ/1'40.368(2020年C5)/87
10/キミ・ライコネン/アルファロメオ/1'40.903(2019年C4)/93
11/ショーン・ゲラエル(午前)/トロロッソ・ホンダ/1'41.640(2020年C4)/67
12/ロイ・ニッサニー(午後)/ウイリアムズ/1'44.760(2020年C3)/41

※C1が最も硬く、C5が最も軟らかいコンパウンド

[オートスポーツweb ]

最終更新:12/4(水) 6:06
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事