ここから本文です

午後は赤旗4度。ホンダ勢の速さ目立った初日はビップスが首位/スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト走行初日

2019/12/4(水) 17:29配信

オートスポーツweb

 12月4日(水)、三重県の鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テスト・ルーキードライバーテストが行われ、TEAM MUGENのユーリ・ビップスが初日を総合トップで終えた。

 前日までにはほとんどのチームのエントリーが明らかになっていたが、TBNのままだったVANTELIN TEAM TOM’Sの36号車には宮田莉朋、B-Max Racing with motoparkの50号車にはルーカス・アウアーがエントリー。51号車にはThreeBond Drago CORSEの12号車にもエントリーしているシャルル・ミレッシの名前が掲載され、ミレッシはダブルエントリーという形になった。

 テスト初日は手元の計測で気温9度、路面温度11度、ドライコンディションで午前9時からがセッションがスタートした。

 開始30分、スプーンカーブでアウアーの車両を回収するために赤旗が出されたが、10分ほどでセッションは再開された。開始から1時間の時点で、タイムシート上のトップは1分38秒332をマークした山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。2番手にチームメイトの福住仁嶺、3番手には牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)と、ホンダ勢が上位につけていた。

 セッション後半になると気温と路面温度が上がり、タイムも徐々に更新されていった。走行時間は5分延長されたが、終了間際に関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1コーナーでクラッシュしたことにより赤旗が掲示され、この赤旗をもって午前のセッションは終了となった。

 午前の走行は、1分36秒900をマークした山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップで終えた。2番手は2019年シーズンの最終戦JAF鈴鹿グランプリでスーパーフォーミュラにデビューしたユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)で、タイムは1分37秒330。3番手は1分37秒440を記録した牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)。トヨタ勢のトップは、9番手の山下健太(KONDO RACING)だった。

■午後は赤旗4度も、テスト初日の最速はビップスに

 午後のセッションは、手元の計測で気温12度、路面温度20度というコンディションでスタート。午前と同じくドライコンデションだ。

 開始10分、デグナーコーナー2つ目でクラッシュしたビップスのマシンを回収するためにセッションは赤旗中断に。約12分の中断を挟んで走行再開。折り返しとなる1時間を過ぎた時点では1分37秒540をマークしたアウアーがトップに立った。

 後半には2度目の赤旗により3~4分程度の中断があった。終盤は各車アタックを行いタイムシート上も頻繁に順位が入れ替わる。このセッションも5分間の延長が宣言されていたが、残り時間10分を迎える前にヘアピンで片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)のマシンを回収するためにこのセッション3回目の赤旗中断となった。

 最終的には16時4分にセッションが再開され、走行時間は16時11分まで延長されることに。ところが残り3分ほどの時点で松下信治(ThreeBond Drago CORSE)がデグナーコーナーでクラッシュしたことにより4度目の赤旗が掲示され、これで午後のセッションは終了となった。

 初日をトップで終えたのは後半にタイムを更新したビップスで、タイムは1分36秒215。2番手は1分36秒506をマークした福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3番手は塚越広大(REAL RACING)で1分36秒792と、午後もホンダ勢が上位を独占した。トヨタ勢のトップは5番手のサッシャ・フェネストラズとなっている。

 テスト2日目となる12月5日(木)の走行スケジュールは、午前のセッションが8時50分~10時50分、午後のセッションが13時20分~15時20分となっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/4(水) 18:22
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事