ここから本文です

3年契約ハム近藤、23年開業新球場のプレー熱望 「また契約してもらえるように」

12/4(水) 7:30配信

Full-Count

3年契約は年俸変動制、1年目の来季は1億5000万円プラス出来高

 日本ハムの近藤健介外野手が3日、札幌市の球団事務所で契約更改交渉を行い、年俸変動制の3年契約を結んだ。来季年俸は5000万円増の1億5000万円プラス出来高(金額は推定)。順調にいけば2021年に国内フリーエージェント(FA)権を取得するが、権利行使せずに22年まで日本ハムでプレーすることが確定した。

【写真】たくさんの「プライベートな姿を」…ハム杉谷が公開した斎藤佑樹との“ラブラブデート”写真

 今季最高出塁率のタイトルを初獲得したリーグ屈指の好打者と球団の思いが一致した。会見に臨んだ近藤は「お互い話し合って、いい契約になりました」と満面の笑みを浮かべた。一方、吉村浩GMは「ある意味、今年の成績は彼のスタンダードなら最低ライン。今後何年かに渡って首位打者などタイトルを獲る選手だと考えているので、長期に渡ってしっかりやっていただきたいということ。本人もそういう意向だったので」と説明した。

 高卒ドラフト4位で入団した1年目から1軍で腕を磨いてきた近藤は現在26歳。順調なら2年後に国内FA権を取得するが、3年契約に迷いはなかった。「ファイターズにいたいというのが一番だったので。それはGMにも伝えましたし、それもあっての3年契約かなと思います」とサラリと言った。さらに、23年に開業予定の新球場でのプレーまで熱望。「そこでプレーしたい気持ちももちろんあるので、まず3年しっかりやって、また契約してもらえるように頑張りたいなと思います」とチーム愛がほとばしった。

 複数年契約を結んだことで、チームの主力しての自覚が一層強くなった。「来シーズンは、リーグ優勝、日本一になるために、まずは結果で引っ張っていきたいと思っています」と言葉に力を込めた。具体的に目指すのは、ここ数年公言している首位打者のタイトル獲得。「パ・リーグはいいバッターが多い中で、簡単じゃない。3割5分くらいを目標にしないと獲れないと思います」と高みにチャレンジする。

 今季はリーグトップの103四球を選び、最高出塁率(.422)のタイトルを獲得したものの、打率.302は納得できる数字ではなかった。「今年は悪い時がものすごく悪かった。それがあるバッターは首位打者になれないと思う」と状態が良くない時のレベルアップを図る。

1/2ページ

最終更新:12/4(水) 7:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事