ここから本文です

鷹・加治屋、700万円減も納得サイン 昨オフ4.8倍も…「1年通して1軍にいられなかった」

2019/12/4(水) 11:22配信

Full-Count

今季は30試合の登板で3勝1敗6ホールド、防御率6.00に終わる

 ソフトバンクの加治屋蓮投手が4日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉を行い、700万円減の年俸4100万円でサインした(金額は推定)。

【写真】ファンは「激似ですね」と驚き 双子の兄との貴重な2ショット写真を公開したホークス松田宣の実際の投稿

 昨季は球団最多タイ記録となる72試合に登板して、大幅アップを勝ち取った加治屋だが、春季キャンプは右肩の違和感を抱えてのスタート。開幕には間に合ったが、5月16日に抹消されると、その後も登録と抹消を繰り返しに。30試合で3勝1敗6ホールド、防御率6.00の成績で終わった。

「中継ぎとして最低ラインの30試合を投げたことと3勝という部分は評価してもらった」としう加治屋はダウン提示にも納得。「1年通していられなかったことは悔しいですが、30試合できたことをプラス要素にしてオフにつなげたい」と前を向いた。

「(昨季の)疲労が抜けなかったというよりは、キャンプで投げる量が少なかった。そのままシーズンに入ってしっくりこない1年になった」と反省。このオフは筑後でしっかりと投げ込む考えでいる。「いい意味で今年は今年、来年は来年と割り切っていく。まずは結果を出して信頼を得て、最終的に8回を投げることが目標」と、来季の勝ちパターンへの復帰を誓った。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:2019/12/4(水) 11:28
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事