ここから本文です

日ハム有原、来オフにもメジャー挑戦 吉村GM「決まっていない。状況を見て」

2019/12/4(水) 13:50配信

Full-Count

有原は札幌市内の球団事務所で約2倍増の年俸1億4500万円でサイン

 日本ハムの有原航平投手は4日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7500万円増、約2倍アップとなる年俸1億4500万円でサイン(金額は推定)。来オフにもポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦したい意向を球団に伝えたと明かした。吉村浩GMは「現時点では決まっていない。状況を見て」と話し、来オフのメジャー挑戦を容認する可能性について否定しなかった。

【写真】ファンは「ゆうちゃんイケメンだな~」「ホッコリします」と大喜び…斎藤佑との「1日デート」を報告した日ハム杉谷の実際の投稿

 有原は今季15勝を挙げて、自身初の最多勝を獲得。入団前から将来的なメジャー挑戦の意向を持っていたが、契約更改交渉でメジャー挑戦の話が出たのは初めてだった。吉村GMは「最多勝であったり、リーグトップの成績、日本を代表する投手になっている。入団以来、成績も残していて、彼の主張する材料になっているというのはこちらも認めている。ただ、来年のチーム状況だったり、彼自身の成績をしっかり見ていかないと」と話した。

 チームでは西川遥輝外野手も11月27日の契約更改の席で早ければ来オフにもポスティングシステムを利用したメジャー挑戦の意向を球団に伝えている。球団が両選手の希望を容認するかは来季成績やチーム状況で判断する方針だ。

石川加奈子 / Kanako Ishikawa

最終更新:2019/12/4(水) 14:03
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事