ここから本文です

日ハム杉浦、400万円増の2000万円でサイン あさ美夫人へ「我慢しないで言っていいよ」

2019/12/4(水) 18:24配信

Full-Count

今季は14試合に登板し4勝4敗、防御率3.74

 日本ハムの杉浦稔大投手が4日、札幌の球団事務所で契約更改を行い、400万増の2000万円でサイン(金額は推定)。来季、先発ローテーション投手として20試合、120イニング以上の登板を目標に掲げた。

【写真】ファンは「ゆうちゃんイケメンだな~」「ホッコリします」と大喜び…斎藤佑との「1日デート」を報告した日ハム杉谷の実際の投稿

 右肩のコンディションを考慮され、シーズン前半は中10日以上の間隔を空けながらの登板だったが、後半は中6日もこなした。結果は14試合に先発して4勝4敗、防御率3.74。プロ6年目で初めて“1軍完走”した右腕は「体の不安がやっとなくなり、1年間ローテーションで回れる準備ができたシーズン」と位置付けた。

 今季初登板となった4月23日楽天戦(札幌ドーム)では5回打者15人をパーフェクトに抑え65球で降板した。肩の状態が良ければ、打者を圧倒するボールを投げられることは証明済み。「コンディションの問題がなければ、あとは自信を持ってしっかり投げ込めば大丈夫。来年は1年間ケガをせず、ローテーション投手として中6日で軸となって回ることを目標にしたいです」と話し、先発として20試合以上、120イニング以上を目標に定めた。

 現在は、チェンジアップを習得中。このオフは、シーズン中と同じようにキャッチボールを続け、投球練習も定期的に強度を上げて行う計画だ。

 昇給分の使い道について問われると「ちょっとずつ貯金が増えれば、いいかなと思います」と照れくさそうに笑った。堅実さの一方で、家族思いの一面もみせた。モーニング娘。の元メンバーでアナウンサーだったあさ美夫人と2児へのプレゼントについて「我慢しないで言っていいよ、って感じですかね」とリクエストに太っ腹に応える心づもりを明かした。

石川加奈子 / Kanako Ishikawa

最終更新:2019/12/4(水) 18:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事