ここから本文です

西武、複数年打診も1年勝負の増田に渡辺GMは理解 「彼の性格はわかっている」

2019/12/4(水) 19:40配信

Full-Count

年俸変動制の4年契約を結んだ金子侑には「骨を埋めたいと下交渉の時から聞いていた」

 西武は4日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、この日は4選手と来季の契約について合意した。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 この日の全ての交渉を終えた渡辺久信球団本部ゼネラルマネージャーは報道陣に対応。来季FA権を取得する見込みの金子侑司外野手と年俸変動制の4年契約を結ぶことで合意した件について「西武が大好きだし、骨を埋めたいと下交渉の時から聞いていた」と金子侑とのやりとりを明かし、「彼はまだまだ身体が元気。4年間しっかり働いてもらいます」と期待を込めた。

 一方で、金子侑と同じく来季FA権を取得する見込みの守護神・増田達至投手には複数年契約を提示したものの、合意には至らず単年契約となった。渡辺GMは「昨年はよくなかったが、今年は最高のシーズンを送った。今まで1年1年勝負してきた中で、FAを取っていないのに複数年契約という考えがなかったみたいです」と増田の意図を説明。さらに「複数年を断って1年契約ということになると、『来年FAか』と思うファンの皆さんも多いと思うが、彼は単なるそういう感じではなく、自分に厳しくするタイプ。彼の性格はわかっている」とファンに理解を求めた。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:2019/12/4(水) 19:40
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事