ここから本文です

西武森が2億円、金子侑は4年契約、阪神島本は4倍超… 4日の主な契約更改

2019/12/4(水) 21:15配信

Full-Count

西武の増田は9000万円アップの1億9000万円、オリックス中川は4倍の2800万円

 西武は4日、所沢市内の球団事務所で森友哉捕手、金子侑司外野手ら主力4選手と契約更改交渉を行った(金額は推定)。捕手史上4人目の首位打者、今季のパMVPに輝いた森友哉捕手は1億2000万円増の2億円でサイン。金子侑司外野手は来季から年俸変動制の4年契約を結んだ。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 日本ハムの有原航平投手は7500万円増、約2倍アップとなる年俸1億4500万円でサイン。来オフにもポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦の意向を球団伝えた。

 阪神の糸原健斗内野手は2000万円増の6000万円、広島の中崎翔太投手は1500万円減の1億4500万円、ヤクルトの青木宣親外野手は3年で総額10億円の契約最終年となる来季は3億4000万円でサインした。

 以下は4日の主な契約更改。

■パ・リーグ

【西武】
金子侑司外野手 5700万円→1億2000万円 ※年俸変動制の4年契約
栗山巧外野手 1億3700万円→1億5000万円
増田達至投手 1億円→1億9000万円
森友哉捕手 8000万円→2億円

【日本ハム】
有原航平投手 7000万円→1億4700万円
杉浦稔大投手 1600万円→2000万円
玉井大翔投手 1950万円→4400万円

【ソフトバンク】
加治屋蓮投手 4800万円→4100万円
高田知季内野手 2600万円→2700万円
大竹耕太郎投手 1500万円→2700万円
明石健志内野手 1億円→1億円 3年契約3年目
高谷裕亮捕手 3400万円→3400万円

【オリックス】
中川圭太内野手 700万円→2800万円
竹安大知投手 900万円→1800万円

■セ・リーグ

【阪神】
糸原健斗内野手 4000万円→6000万円
島本浩也投手 850万円→3700万円

【DeNA】
梶谷隆幸外野手 9600万円→7400万円
宮崎敏郎内野手 1億6000万円→1億6000万円

【広島】
中崎翔太投手 1億6000万円→1億4500万円

【ヤクルト】
青木宣親外野手 3億3000万円→3億4000万円

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/4(水) 21:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事