ここから本文です

どうなるチェルシーの補強禁止処分…ランパード監督、審議結果は「もうすぐ」

12/4(水) 8:31配信

SOCCER KING

 チェルシーの補強禁止処分に関する審議の結果が数日中に出るようだ。イギリスメディア『BBC』が3日に報じた。

 チェルシーは今年2月、FIFA (国際サッカー連盟)から、18歳未満の海外移籍に関する規定違反があったとして、2度の移籍市場における補強禁止処分を言い渡された。クラブはこの決定を不服とし、FIFAに異議申立てを行ったが、撤回されなかったため、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に対して処分の軽減を求め控訴していた。

 フランク・ランパード監督は、いつ控訴の結果が出るか問われると、「もうすぐだと思う。数日のはずだ」と明言。「それ以上のことは聞いていない。だから、結果を受け取り、どう動くか見極めるまで、(1月の補強プランの)判断は保留するつもりだ」と話すにとどめた。

 チェルシーはこの補強禁止処分により、2019年夏の移籍市場では補強できず。それでも今夏に就任したランパード監督は若手を積極的に起用し、現在チームは8勝2分け4敗で4位につけている。現状では、2020年1月の移籍市場も補強禁止となっており、選手獲得は来年夏に解禁となる。

SOCCER KING

最終更新:12/4(水) 8:31
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事