ここから本文です

ファン・ダイク、バロンドール獲得のメッシへ「偉大さを称賛することが重要」

2019/12/4(水) 11:05配信

SOCCER KING

 リヴァプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが自身の公式SNSを更新、バロンドール表彰式についてコメントした。

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』によって発表された、2019年のバロンドールを受賞したのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。リヴァプールのチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、DFとして元イタリア代表ファビオ・カンナバーロ氏以来となる久しぶりの受賞が期待されたファン・ダイクはメッシに次ぐ2位となっていた。

 ファン・ダイクは以下のように綴っている。

「2019年のバロンドールに参加できたことは大きな特権だった。パリで受けた温かい歓迎に謙虚になったよ。僕らをとても歓迎してくれたすべての人に感謝したい。まず、リオネル・メッシが歴史的な6回目のバロンドールを獲得したことを祝福する。昨夜もセレモニーで言ったように、目の前に座って偉大さを称賛することが重要だからね。すばらしい年だった。おめでとうございます」

「個人的なレベルでは、ノミネートされたことを光栄に思っていて、メッシとクリスティアーノ・ロナウドという2人の歴史に残る偉大なプレーヤーと同じランキングで2位になったことを非常に誇りに思っている。今年、僕らはいくつかの良い戦いを楽しんできた。そしてもっと多くの戦いが来ることを願っている。この旅を誇りに思っている。ゲーム内で常に自分を信じ、夢へ向けて他のチームメイトを奮い立たせることを願っている。ピッチでのさらなる成功を切望しているから、可能な限り一生懸命に働くつもりだよ」

「これまで2019年は信じられないほど素晴らしいものでだったが、家族の愛とサポートなしでは不可能だった。いつもそこにいてくれてありがとう。また、リバプールのチームメイト全員と代表チームに多大な感謝をしたい。最後に世界のサッカーファンの皆さん、応援のメッセージをありがとう。それは僕と家族にとって大きな意味があるんだ」

SOCCER KING

最終更新:2019/12/4(水) 11:05
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事