ここから本文です

哺乳動物の中耳の進化、圧力で速く 中国科学院の研究発表

2019/12/4(水) 8:21配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の研究チームは11月28日、1億2000万年前の白亜紀前期の多丘歯目哺乳類の新種「Jeholbaatar Kielanae」の化石に対する研究を通して、哺乳動物の中耳の進化に関する研究成果を英科学誌ネイチャー(Nature)に発表した。

【写真】Jeholbaatar Kielanaeの化石標本

 この哺乳動物は、その独特な顎(がく)関節と摂食方式により、中耳の下顎からの離脱について他の属種に比べてより顕著な圧力を受け、中耳の進化を速めたとしている。一般的に言われる「摂食が聴力を促進した」という意味だ。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:2019/12/4(水) 8:21
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事