ここから本文です

ヘッジファンドがトレーダー提訴-虚偽の約束でボーナスもらい逃げ

2019/12/4(水) 15:57配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 富豪のマイケル・プラット氏のヘッジファンド、ブルークレスト・キャピタル・マネジメントが、退職したトレーダー2人を提訴した。辞めないと約束してボーナスを受け取った後に競合他社に移ったとブルークレストは主張している。

これに対し、トレーダーだったアレックス・コドリントン、ラッセル・ハートリー両氏は、プラット氏が株式トレーディング事業を「くず」と呼び、部門を閉鎖する可能性をほのめかしたことが退職の理由だと反論。ロンドンでの裁判に備えて11月29日に提出された資料で、プラット氏との面談後、ブルークレストでは自分たちの未来がないと感じたと訴えた。

ブルークレストは350万ポンド(約4億9000万円)余りの支払いを求めている。ブルークレストの弁護士は訴訟についてコメントを控えた。

2人のトレーダーは昨年、米ヘッジファンド会社ショーンフェルド・ストラテジック・アドバイザーズに移ったが、ハートリー氏は退職する1カ月前に幹部のアンドルー・ドッド氏に、2人に「辞める意思はない」と述べていたという。

ブルークレストによれば、2人はボーナスが受け取れるようになるとすぐに引き出しに走った。ブルークレストは2018年2月に23万800ポンドを支払い、翌月に346万ポンドの繰り延べボーナスを割り当てたという。

原題:Hedge-Fund Traders Fight BlueCrest’s Platt Over Bonuses (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Jonathan Browning

最終更新:2019/12/4(水) 15:57
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事