ここから本文です

折茂武彦が語る最初で最後のBリーグオールスター@北海道「選ばれたことに感謝」

2019/12/5(木) 7:05配信

バスケット・カウント

「僕のバスケット人生においては常に運が良かった」

取材=鈴木栄一 写真=B.LEAGUE

4年目を迎えたBリーグは、『B.LEAGUE ALL-STARGAME 2020 IN HOKKAIDO』を2020年1月18日に北海きたえーるで開催する。1年目は代々木第一体育館での開催だったが、その後は熊本、富山と地方のバスケ人気の高まりに一役買っているオールスターは、今回は札幌での開催となった。

12月2日、その出場選手が発表され、ファン投票により決まったスタメンの10選手が会見に出席した。この会見を終えた『B.BLACK』の折茂武彦に、現役最後のオールスターゲームが北海道で開催されることや、自身にとっての『スター選手』とは誰なのか。そして、北海道を拠点とする折茂ならではのおススメを聞いた。



ファン投票1位で選ばれたことに感謝の思いしかないですね。北海道を含めてですけど、全国のファンの方々が、最後に折茂を見たいという思いで投票してくださったんだと思います。

僕はバスケ選手にあこがれることがありませんでした。子供の頃にNBAを見ることも全然なかったですし、バスケットを見に行くこと自体がありませんでした。今みたいにスマホで動画を見る時代でもなかったし、プレーを見ることがなかったので、あこがれた選手もいませんでした。

だから僕にとってのスター選手と言えばもう、長嶋茂雄さんですね。プレーはもちろんですし、ファンの方々を楽しませる華がある、オーラのある選手でした。子供ながらにプレーもすごいと思ったんですけど、面白い人だという印象もあって、すごくあこがれました。

どんな世界でも、どんなことでもタイミングはあります。もしBリーグがあの時点で立ち上がっていなかったら、もしかしたらあそこで引退していたかもしれません。こうやって現役最後のシーズンのオールスターゲームが北海道に来たのもタイミングです。そういう意味で、僕のバスケット人生においては常に運が良かったと思っています。

北海道と言えば食文化です。魚だったりジンギスカン、スープカレー、ラーメンだったり、北海道の食文化をいろんな方々に、オールスターにプラスして楽しんでもらいたいという思いがあります。オススメのスポットはたくさんありすぎてここでは紹介しきれませんが、今挙げたものは全部食べて、北海道を満喫して帰っていただきたいです。

バスケット・カウント

最終更新:2019/12/5(木) 7:05
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事