ここから本文です

渋野日向子の勢いも刺激に 連覇懸かる小平智は「自分に期待」

2019/12/5(木) 7:16配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前(4日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

小平智と記念撮影する渋野日向子

ディフェンディングチャンピオンの小平智は「出るからには優勝を狙っている。調子はだいぶいい。ショットもいいし、アプローチもパターも悪くない。自分に期待しています」と連覇への意欲を隠さない。

前年大会の最終日は首位と4打差の11位から出て、1イーグル4バーディの「64」をマーク。石川遼とハン・ジュンゴン(韓国)とのプレーオフに持ち込み、ツアー通算7勝目を挙げた。「自分は技術的にはうまくないと思うけど、勢いというか、優勝争いをしたときにつかみ取る能力はあると思っている。そこだけは自信を持っている」と自負する大まくりを見せた。

そんな小平が「若いですし、勢いもある。見ていて気持ちがいい」と評したのが、ことしゴルフ界の話題をさらった渋野日向子。渋野と古閑美保夫人が同じマネジメント会社という縁もあり、「その(会社の)集まりに僕も参加させてもらう」とオフに顔を合わせる予定もあるという。

年明けは1月上旬の米ツアー「ソニーオープンinハワイ」から始動する。「それ(勢い)とプラスで技術もつけて、技術で優勝もしていかないといけない。徐々に階段を上がっていきたい」。勝負のシーズンが本格化する渡米を前に、連覇へ挑戦する。(東京都稲城市/亀山泰宏)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事