ここから本文です

みんな待ってたMac用の最強キーボード!REALFORCE for Macのテンキーレス版&英配列版がついに来る!

2019/12/5(木) 10:00配信

ギズモード・ジャパン

「REALFORCE」を買わない理由、ひとつも無くなりました。Mac配列キーボードの最高峰「REALFORCE」に、待望のテンキーレスモデルが登場です。みんなが欲しいって言ってたやつです!

【全画像をみる】みんな待ってたMac用の最強キーボード!REALFORCE for Macのテンキーレス版&英配列版がついに来る!

発売予定は12月12日(木)。これは果たして買いなのかどうなのか、確認してみましょう。

コンパクトさを得て鬼に金棒のラインナップ

REALFORCEシリーズに初のMac配列版が発売されたのは今年4月のことでした。

そもそもサードパーティー製品が少ないMac配列の外付けキーボード。apple純正Magic Keyboard以外の選択肢が増えて、しかもそれが名キーボード「REALFORCE」だということで一部ユーザーは大喜び。私自身も即購入しました。フェザータッチと呼ばれる静電容量無接点方式のキーは指に負担がかからず、気持ち良いタイピング感は病みつきになるほどで、現在まで仕事で愛用しています。

そして今回REALFORCE for Macに新たに追加されるのは、テンキーレスの8機種です。

Realforce TKL SA for MacのR2TLSA-US3M-WHとR2TLSA-JP3M-BKとR2TL-JPVM-WHと……ややこしいので機種名で語るのはやめましょう。このアルファベットの羅列がどういうことかというと、Mac用テンキーレスRealforce × (荷重30g静音or変荷重) × (日本語配列or英語配列) × (白or黒) という、8通りの組み合わせを表しています。

写真は4月に発売されたMac用Realforce(変荷重・日本語配列)ですが、右側のテンキー部分が無くなるということですね。キーボードの横幅が、おおよそ5分の4までコンパクトになります。

この8.6cmがどれくらいのインパクトかというと「テンキーさえなければ手首を動かすだけでマウスに触れるのに、テンキーを越えるには腕ごと動かさなければいけないんだよな~」という距離感です。大げさではなく斜め45°くらいまで腕を動かすので、キーボードとマウスの往復が多い作業は疲れます。

せっかく指の負担が少ないキーボードを使っているのにもったいない気がしますよね。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 10:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事