ここから本文です

【Bellator×RIZIN】浅倉カンナが裸絞めの名手・ジェイミーと対戦決定「勝って自分超える」

2019/12/5(木) 12:04配信

イーファイト

 12月29日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『BELLATOR JAPAN』の追加カードが4日、都内にて追加対戦カードが発表された。
 RIZIN提供試合としてRIZIN女子MMAルール5分3R(49.0kg)肘ありで浅倉カンナ(22=パラエストラ松戸)とジェイミー・ヒンショー(30=米国/KOTC王者)の対決が発表された。

【フォト】ジェイミーが発達した腹筋を披露

 浅倉はレスリングをバックボーンにプロ格闘技にデビュー。17年大みそかのRIZN女子スーパーアトム級(-49㎏)トーナメント決勝戦でRENAを破って優勝。
 しかし、昨年末の『RIZIN.14』で初代RIZIN女子スーパーアトム級王座を懸けて浜崎朱加(AACC)と対戦したが、腕十字固めに敗れて王座獲得ならず。今年3月の『DEEP JEWELS 23』では前澤智にフルマークで判定勝ちし再起を飾ったが、6月の『RIZIN.16』ではアマレスの大先輩・山本美憂に判定負けを喫し、悔し涙を流した。今年8月のRIZINでは米国女子MMAイベントInvicta FCで活躍中のアリーシャ・ザペテラ(米国)に判定2-1と接戦を制して勝利した。

 対するジェイミーは15年にアマチュアデビューし3勝(3S)1敗の戦績で16年10月プロデビュー。17年10月には米国のMMA団体KOTCのアトム級タイトルマッチにて、後に浅倉カンナがRIZINで判定勝利することになるメリッサ・カラジャニス(カナダ)に4Rにリアネイキッドチョーク(裸絞め)で一本勝ちしている。現在3連勝中でプロMMA戦績は4勝(3S)3敗。アマチュアから全7勝のうち6勝が裸絞めかフロントチョーク(前方裸絞め)でフィニッシュしている。

 ジェイミーは会見にコメントを寄せ「浅倉カンナは若くて経験豊富なファイターだと思います。総合的に優秀で全部できるイメージです。そんな浅倉カンナに勝てる武器は持っています。戦う事が文化のニューメキシコで、日々素晴らしい選手たちと練習している実力を日本で披露したいと思います」と語った。

 浅倉は会見で「ケージで闘うことが楽しみ。相手はチャンピオンなのでしっかり倒して、今の自分を超えていきたいと思います」と語り、その後、SNSでも「ケージで戦います。簡単な相手ではありませんが、しっかり勝って今の自分を越えます」とRIZINではリングだが、RIZINに参戦する前の修斗やパンクラス、そして現在はDEEP JEWELSでもケージで戦っている浅倉。続けて「ずーっとリングで戦ってたからこれ言うのもなんだけど、ケージのが好き」とSNSに投稿。裸絞めのジェイミーに勝ち、再びRIZINのタイトル戦線に近づきたいところだ。

最終更新:2019/12/5(木) 12:15
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事