ここから本文です

再び1兆円目指して人気が再燃する「グロイン」! 15年たっても衰えぬ人気の理由

2019/12/5(木) 20:20配信

モーニングスター

 「グロイン」の愛称で親しまれている「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」への資金流入額が今年に入って激増している。月間資金流出入は、2017年10月に流入超に転じ、毎月数十億円の資金流入が続いていたが、19年1月以降は100億円を超える流入額となり、10月の流入額は545億円、11月は655億円と資金流入に弾みがついている(11月はモーニングスターの推計)。再び純資産残高1兆円に迫る同ファンドの再人気化の背景等について、同ファンドに商品企画から携わっているピクテ投信投資顧問の代表取締役社長の萩野琢英氏(写真)に聞いた。

 リーマンショック前には約2兆8000億円の純資産残高を記録した「グロイン」は、2012年には残高が一時的に5000億円を割り込んだ。2015年に1兆円の大台を回復するも、2017年には月間100億円を超える資金流出もあって残高は5000億円そこそこに減少した。そして、17年10月から19年11月まで26カ月連続の資金流入に転じ、19年12月4日残高は9204億円まで拡大している。2005年2月28日の設定から、まもなく15周年を迎える長寿ファンドで、未だに全公募投信(ETF除く)で純資産残高トップを維持している稀有な存在だ。

 萩野氏は、「グロイン」の15年の歴史を振り返り、「世界の公益株式に分散投資し、通貨分散も図って安定的な収益を提供するという商品性が支持していただけた」と商品設計の妙が一番大きいという。そして、近年の再人気化は、「私たちが全国を巡ってセミナーをしてきたことで、ピクテという会社がお客様に誠実に向き合い信頼に足る会社だということに対するお客様の理解が進んだことも力になっている」と語る。全国で3カ月に1度はセミナーが開催される「ピクテ・スペシャル・ジャパン・ツアー」(参加費無料)が始まったのは2017年。この活動を本格的に開始した時期と、「グロイン」の残高が拡大し始めた時期が重なっているのは無縁ではないという。

1/4ページ

最終更新:2019/12/5(木) 20:20
モーニングスター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事