ここから本文です

無料で楽しめる音楽ストリーミングサービス4選

2019/12/5(木) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

あら、私、今年一枚もCDを買ってないわ!

こんなの、音楽を聴くようになって、初めてです。

【全画像をみる】無料で楽しめる音楽ストリーミングサービス4選

もちろん音楽は大好きなので、音ネタ集めにはストリーミングサービスを利用しています。有料のものですが。 ここでは、無料の音楽ストリーミングサービスだとどんな体験ができるのか、代表的なものを4つ紹介しますね。

みなさんも、音楽ストリーミングサービスに一つくらいは登録しているのでは。

「できればお金をかけずに音楽を楽しみたい」という、そんなあなたにはどんなオプションがあるのでしょう? 広告や制限はあるものの、無料で音楽が楽しめるストリーミングプラットフォームはいくつかあるので、それぞれの特徴をまとめてみました。

Apple MusicやTidalといった、無料プランのないサービスは除外しています(無料トライアル期間があったり、1カ月ごとの登録や退会が可能だったりするのですが)。

Spotify

Spotifyの無料プランには、ウェブ、Windows、macOS、Android、iOSのアプリ経由でアクセスできるのですが、有料プランと同じようには使えません。AlexaやGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーでも無料プランが使えるのですが、Mixかカスタムプレイリストに限られています。

オススメの曲や人気のプレイリストを選ぶにも、プレミアムプランのものと実質変わりないので、聴きたい曲を選べますし、カスタムプレイリストも作成できますよ。

プレイリストに入っている楽曲の早送りや巻き戻しも自由です。カスタムプレイリストの曲の中で好きなものを選んで聴くことも。Daily Mixなどの自動生成プレイリストの場合は、複数のトラックをスキップして聴くことはできません。プレミアムだとできるんですけどね。

それに当然ながら、広告つき。ストリーミングセッションが始まって最初の30分で広告が入って中断され、その後だいたい15分ごとに繰り返されます。動画や音声の広告は、お好みでスキップすることも可能です。

モバイル版Spotifyの無料バージョンだと、制限がもう少し多くなります。たとえば、

(1)楽曲をダウンロードしてオフライン再生することができない

(2)最高音質で聴くことができない

(3)海外旅行中など、自国以外での再生は14日を上限としている

といった具合です。

また、モバイル版アプリの場合、プレイリストの中から曲を選ぶということができなくなっています。Spotifyによれば、それが可能なプレイリストも中にはあるらしいんですが、自動生成のリストで、しかもその一部だけ。アルバムやカスタムプレイリストの場合はシャッフルモードの再生に限られ、スキップ再生も1時間に6回まで。

新規顧客が有料プランに興味を持ってもらうには無料プランが重要ということを、Spotifyはちゃんと理解しています。それに、特にデスクトップクライアントからだと、一銭も支払わなくとも、いろんな機能を使わせてくれるんですねェ、ありがたや。無料プランじゃ物足りない、とおっしゃる? それでは月々10ドル(日本では一般の個人向けプランで980円)になります。まいどあり!

1/4ページ

最終更新:2019/12/5(木) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事