ここから本文です

要潤&津田寛治がプランスワンゲストで登場、“狩野軍団”と対決「VS嵐」

2019/12/5(木) 12:30配信

cinemacafe.net

「嵐」チームとゲストチームが体感型ゲームで対戦するフジテレビ系「VS嵐」の12月5日(木)今夜放送回に、今週末から放送が開始となるオトナの土ドラ「悪魔の弁護人」の要潤と津田寛治がゲスト出演。2人は嵐と共に狩野英孝率いる「狩野軍団」とバトルを繰り広げる。

【写真】「VS嵐」で戦う「狩野軍団」

2001年、「仮面ライダーアギト」で俳優デビュー。特撮出身俳優ブームの先駆け的存在となり『UDON』『GOEMON』などの作品を経て、近年では「海月姫」「僕らは奇跡でできている」といったドラマから『キングダム』などの映画作品まで多彩に活躍する要さん。

映画『ソナチネ』『キッズ・リターン』などの北野武監督作に出演、連続テレビ小説「あまちゃん」や大河ドラマ「西郷どん」、「特捜9」シリーズなどのドラマをはじめ、大ヒットした『シン・ゴジラ』や『空飛ぶタイヤ』などの映画作品まで長年にわたり一線で活躍し続ける津田さん。

2人はプラスワンゲストとして「嵐チーム」に参加。狩野さんはじめ「アンタッチャブル」山崎弘也、「品川庄司」品川祐、「バイきんぐ」小峠英二、「三四郎」小宮浩信、足立梨花らで結成された「狩野軍団」と対決する。


狩野軍団といえば、お正月スペシャルで嵐チームに見事勝利、今回再びの登場となる。勝利に意気込む狩野さんは「ピンボールランナー」では自らランナーに挑戦するほか、今回は特別企画も「矢の嵐」と「スマホ早打ちしりとり」の2本立てでお届け。嵐がいまだコツをつかんでいない「矢の嵐」に、面白ワードが連発する「スマホ早打ちしりとり」のどちらも見逃せない対決になりそう。さらに要さんが一同仰天のマジックを披露、こちらもお楽しみに。

今回のゲスト、要さんが主演を務め、津田さんが共演するオトナの土ドラ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」は、ミステリー作家・中山七里の大人気シリーズ「弁護士・御子柴礼司」のドラマ化作品となり、悪辣な手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司を要さんが、そんな事務所とは知らずにハローワークで紹介され就職してしまった事務員・日下部洋子をベッキーが、御子柴のやり方に嫌悪感を抱く東京地検のNo.2、次席検事・岬恭平を津田さんがそれぞれ演じる。


「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」は12月7日より毎週土曜日23時40分~東海テレビ・フジテレビ系にて放送。

「VS嵐」は12月5日(木)今夜19時~フジテレビ系で放送。

最終更新:2019/12/5(木) 12:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事