ここから本文です

【KNOCK OUT】”毎日YouTube投稿”努力のキックボクサー駿太と、練習嫌いの天才・栗秋祥梧が対決

2019/12/5(木) 14:38配信

イーファイト

 2020年2月11日(火・祝)大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』の対戦カードが発表された。58kg契約 REDルール(ヒジ有り・3分5R)の一戦で、三冠王の駿太(谷山ジム)vs栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)の一戦が決定。

【フォト】ヒジによるTKOでSB王者の植山を沈める栗秋

 駿太はこれまで60戦以上のキャリアを持つ大ベテラン。今年6月のビッグバンでは左フックで2RKO勝ちし、防衛成功させるなど37歳という年齢においても現役トップクラスの実力を証明している。

 また「キックボクサー駿太」の名でYouTuberとしても活躍。自身の経験や興味を活かし、健康や運動パフォーマンス、キックボクシングの情報などを昨年3月から毎日欠かさず投稿。現在はチャンネル登録者数1万6千名を超える、人気YouTuberにのし上がってきている。

 対する栗秋は弱冠24歳ながら地元・九州で重ねたキャリアは50戦以上。昨年上京しクロスポイント吉祥寺の門を叩いた。練習嫌いの一面を持ちながらも強力な左フックを武器に国内外の強豪としのぎを削り続け、そのアンバランスな魅力から”破天荒な天才児”の異名をとる。現在は3連勝中で、先日12月3日にはSB日本スーパーバンタム級王者・植山征紀をTKOで破る金星を獲得し勢いに乗る。

 またその端正なルックスで”ファンの9割が女性”(本人談)と、男性アイドルのような人気を誇る。
 自身のSNSでは「(駿太は)僕に無い物、足りない物を持っている選手。大暴れします」と意気込んでいる。

 コツコツした積み重ねでキックボクシングでもYouTubeでも結果を出し続ける駿太と、練習嫌いながら稀に見る強打と当て勘で勢いに乗る栗秋、2月11日に笑うのはどちらだ。

<対戦決定カード>
▼58kg契約 REDルール(※ヒジあり) 3分5R
駿太(谷山ジム)
vs
栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)

最終更新:2019/12/6(金) 7:03
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事