ここから本文です

傑作の終着点『地獄の黙示録 ファイナル・カット』IMAXで期間限定上映

2019/12/5(木) 8:00配信

シネマトゥデイ

 映画『ゴッドファーザー』などで知られる巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、自身の代表作を再編集した映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』が、2020年2月28日から全国のIMAX劇場で期間限定上映されることが決定し、特報映像とメインビジュアルが公開された。

【映像】『地獄の黙示録 ファイナル・カット』特報

 コッポラ監督が1979年に発表した『地獄の黙示録』は、ベトナム戦争下、カンボジア奥地に自分の王国を築いた元グリーンベレー隊長・カーツ大佐暗殺の特命を受けたウィラード大尉が、部下との船旅で遭遇する、戦争の狂気を描いた叙事詩的映画 。作家ジョセフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原案に、ジョン・ミリアスが脚本を担当。カーツ役のマーロン・ブランド、ウィラード役のマーティン・シーンをはじめ、ロバート・デュヴァル、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパーなど豪華キャストの出演でも知られる。

 今回公開される『ファイナル・カット』は、コッポラ監督が過去バージョンの問題点を分析し、1979年の劇場公開版より約30分長く、2001年の特別完全版より20分短い182分のバージョンに再編集し、新たにデジタル修復。映像には撮影時のオリジナルネガフィルムを使用し、音声は劇場公開版のプリントマスターを使用。いずれも独自のIMAX DMR (通常の劇所向けフィルムをIMAX仕様に変換する)技術でデジタルリマスターされた。クリアな映像と迫力あるサウンドで、本作の描いた狂気が蘇る。(編集部・入倉功一)

最終更新:2019/12/5(木) 8:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事