ここから本文です

アン・シネ鬼門の3日目に崩れる 最終日へ「きょうは飲みます」

2019/12/5(木) 18:26配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇ファイナルクォリファイングトーナメント 3日目(5日)◇こだまゴルフクラブ(埼玉県)◇6472yd(パー72)

【画像】夏場のアン・シネ

来季の出場権がかかる争いの3日目に、アン・シネ(韓国)は「ずっとボギーだった」と唇を尖らせた。前半に2つ伸ばしながらも、後半に崩れて「75」とし、通算2オーバーの32位に後退した。

1アンダー17位から出た前半に8番(パー5)から2連続バーディを奪ったが、11番(パー5)で3パットのボギー。さらに14番からはショットが乱れ、4連続ボギーで順位を落とした。「今日はショットが悪く、ミスが多かった。後半は風が吹いて、距離感がつかめず、方向も分からなくなった。風と友達になれませんでした」と肩を落とした。

ここ1カ月、緊張感が途切れない試合が続く。11月のプロテストに合格し、同月下旬からの1次予選会(ファーストQT)を通過してこの舞台にたどり着いた。しかし、「いつも3日目が悪い感じだった」と話す通り、プロテストの3日目は「77」、1次予選会では「74」とスコアを落としていた。「そのルーティンからすれば、あした(6日)はそれほど悪くないでしょう」とプラスに捉え、顔を上げた。

大たたきをしたプロテスト3日目は帰りの車中で涙を流し、気持ちを切り替えるために普段は控えるお酒を口にしたという。

「きょうは飲みます。(350mlの)小さいやつ」。こちらもルーティンに乗っかる茶目っ気をのぞかせながら、「あの時(プロテスト)のように、あした出来ればいい。私がやれることは最善を尽くすことだけ」とした。(埼玉県本庄市/石井操)

最終更新:2019/12/6(金) 19:50
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事