ここから本文です

Matt出演の“ブラックサンダー”CMに、同菓子のファンを公言してきた某バンドがまさかの出演!「言ってみるものですね」

2019/12/5(木) 12:35配信

エムオンプレス

■THE JIVES(ザ・ジャイヴス)は、 50’s、60’sのビートグループから色濃く影響を受けたロックンロールバンド!
本日12月5日、WEBCM「X’masスピンオフ 聖なる夜に、サンタも大号泣!!『泣ける!? ブラックサンダーMATT 愛の戦士誕生』篇」が公開された。

【動画】ブラックサンダーMATT×クリスマス『泣ける!? ブラックサンダーMATT 愛の戦士誕生編』

“ブラックサンダー”は、1994年に発売され、今年で25周年を迎える、ココアクッキーとプレーンビスケットをチョコレートでコーティングしたお菓子。

本CMは、“ブラックサンダー”発売25周年を記念し、25歳のMattを起用した『ブラックサンダーMATT』シリーズの第3弾。今回は、これまで明らかにされてこなかった、“ブラックサンダー”の化身である「ブラックサンダーMATT」というアンドロイドヒーローが誕生した経緯が描かれる。

ストーリーは、あるクリスマスの夜、普通の青年だったMattが、突如謎の雷に打たれてしまうところから始まる。愛する人へのかなわぬ思いを胸に、「ブラックサンダーMATT」として生きる覚悟を決めた切ないラブストーリーとなっている。

CM内では、SNSを通じて“ブラックサンダー”好きを公言してきたことで、今回まさかのCM出演の夢がかなったロックンロールバンド、THE JIVES(ザ・ジャイヴス)のメンバーや、Matt化した有楽製菓の社長も登場。第1弾、第2弾同様、「ブラックサンダーMATT」や登場人物たちの“顔加工”は、Matt本人の監修。その美しさにも注目だ。

■WEBCM「X’masスピンオフ 聖なる夜に、サンタも大号泣!!『泣ける!? ブラックサンダーMATT 愛の戦士誕生』篇」について
ある雪降るクリスマスの夜、普通の青年だったMattは、彼女に会いに行く道中で、謎の巨大な雷に打たれ意識を失ってしまう。偶然倒れているMattを見つけた有楽研究所の所長は、Mattを改造し命を救う。そして“ハーフヒューマノイド”となったMattは、長い眠りにつき、やがて数年後のクリスマスイブの夜に目覚める。甦ったMattは、急いで愛する彼女もとへと走るが、彼女はすでにMattのいない人生を歩んでいたのだった……。Mattが「ブラックサンダーMATT」として生きるようになるまでの、切ないラブストーリーが描かれる。

CM中に登場するMattのアルバイト先の店長は、かねてから“ブラックサンダー”ファンを公言し、SNSを通じて出演を熱望していたバンド、THE JIVESのミヤグニマサトが熱演! まさかの夢がかなった今回、「言ってみるものですね」と感慨深げにコメントしている。

また、後半では他のバンドメンバーも登場し、ボーカルのヤマダコウヘイが「ブラックサンダーMATT」のテーマソングを歌う。さらに、彼女の結婚相手には、“Matt化”した有楽製菓の社長・河合辰信氏も出演する、豪華な内容となっている。

■「ブラックサンダーMATT」シリーズについて
2019年9月6日(“クロの日”)に公開された、第1弾となる『ブラックサンダーMATT -狂気! タピオカ大行列編-』は、Matt初のCM出演と、そのシュールなストーリーが多数のメディアで取り上げられ話題となった。また、10月にはWEBCM『劇的! 有楽製菓社長がMattメイクに挑戦』篇も公開となり、有楽製菓の社長が“Mattメイク”に挑戦するという斬新な内容が話題を呼び、のべ80万回の再生を記録(※2019年11月30日時点)。今回の新CMと合わせて、Mattと“ブラックサンダー”のコラボが織りなす独特な世界観が楽しめる。

■“ブラックサンダー”発売25周年記念サイトについて
サイト内では『ブラックサンダーMATT -狂気! タピオカ大行列編-』や、第2話『愛憎! テニサー大混乱編』も公開中。

また、抱き枕が当たる、『ブラックサンダーMATTになろう!Twitterキャンペーン』も実施中。シェアするともれなく「ブラックサンダーMATT」の壁紙がもらえる。詳細は25周年サイトをチェックしよう。

【THE JIVES プロフィール】
ザ・ジャイヴス。日本で結成されたロックンロールバンド。 50’s、60’sのビートグループから色濃く影響を受けたサウンドとヤマダコウヘイ(g,vo)の歌声、 映画の登場人物のようなメンバーの風貌が話題を呼ぶ。「バンドをサブスクリプションする」と掲げた、まったく新しい試みである #Parades への挑戦など、 ルーツを辿り続けると同時に時代の先を追い続ける4人から今後も目が離せない。

ブラックサンダー発売25周年記念サイト
https://blackthunder.jp/blackthundermatt/

最終更新:2019/12/5(木) 12:35
エムオンプレス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事