ここから本文です

アロンソのF1復帰は“強いクルマ”が必要。フェルスタッペン「さもなければ時間の無駄」

2019/12/5(木) 19:38配信

motorsport.com 日本版

 2度のF1チャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2018年シーズン限りでF1から引退。以降はWECなどの他カテゴリーに活動の場を移し、2019年のル・マン24時間レースで優勝も挙げた。そして2020年はダカール・ラリーに参戦する予定となっている。

【動画】あの感動をもう一度……DAZN 2019年F1シーズンハイライト

 しかしながら、彼はレギュレーションが一新され、トップドライバーの契約切れを迎える2021年にF1へ復帰する可能性をほのめかし続けている。

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、アロンソの復帰を歓迎すると語っているが、一方では“適切な状況”が整っている時にのみ復帰するべきだと述べた。

「彼は偉大なドライバーで、また(F1で)彼の事を目にできたらそれは良いだろうね。でもそれは競争力の高いクルマがある時のみだ」と、フェルスタッペンは言う。

「さもなければ、彼の時間を無駄にしてしまう。でも彼はそれを分かっていると思う」

 メルセデス、フェラーリ、そしてレッドブルのトップ3チームは、2021年に陣容が大きく入れ替わる可能性がある。前述のフェルスタッペンに加え、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2020年に契約切れを迎えるためだ。

「フェルナンドは言うまでもなく、よく成熟したドライバーだ」

 ハミルトンはそう語った。

「過去を見ても、ドライバーがカムバックするのは興味深い。ミハエル(シューマッハー)のようにね」

「僕はフェルナンドと話していないから、彼がどう感じているかや、どれくらい戻りたいと思っているかは分からないけど、(アロンソの復帰は)このスポーツにとって悪いことではないと思う」

「究極的には、ここには若い子たちが登ってこようとしていて、シートは20席しかない。彼はここで時間を過ごしたけど、他に若く良いドライバーがいない場合、間違いなく彼のスペースがあるだろう」

「いくつかは入れ替えの可能性があるだろう。だから僕はそうなったら歓迎するよ」

Scott Mitchell

最終更新:2019/12/5(木) 19:38
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事