ここから本文です

日本ハム・有原メジャー表明 大谷、西川に刺激で来オフのポスティングを希望

2019/12/5(木) 7:30配信

デイリースポーツ

 今季、最多勝のタイトルを獲得した日本ハム・有原航平投手(27)が4日、来オフにもポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する意向を表明した。この日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸7000万円から7500万増の1億4500万円でサイン。自身3年ぶり2度目の開幕投手からチームを日本一へ導き、大海原を渡る。(金額は推定)

 有原が契約更改交渉の席で球団に自身の夢を伝えた。文句なしの成績を残して4年ぶりの日本一奪還に貢献し、メジャー挑戦へ。会見場に姿を現した“北の怪腕”は、晴れ晴れとした表情で決意を込めた。

 「来年もっとチームを引っ張れるような成績を残し、向こうに挑戦したいという思いを伝えさせてもらった」

 上沢、マルティネスと先発投手を相次ぐ故障で欠く中、今季の有原は進化を遂げた。24試合の登板で15勝8敗、防御率2・46。自身初となる最多勝のタイトルを獲得し、倍増以上で1億円プレーヤーとなった。

 MLB挑戦はプロ入り前から抱く大志で、エンゼルス・大谷の姿が心を奮い立たせた。「一緒にやっていた選手が活躍するのは刺激になるし、もっともっと頑張らないといけないと思う」。同い年の西川も来オフにメジャーへ挑戦する意向を表明。仲間たちの存在が原動力となっている。

 吉村GMは入団時からの思いやプロ5年間の実績を「認めている」とした上で、来年のチーム状況や右腕の成績を見てポスティングを容認するか否かを決めると説明した。自身2度目の開幕投手を勝ち取り、最高勝率のタイトルを狙う来季。日本一を成し遂げた先に夢へと続く扉がある。

最終更新:2019/12/5(木) 8:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事