ここから本文です

飛び込み13歳の玉井陸斗 五輪切符へコーチから自転車禁止令「しんどいですね」

2019/12/5(木) 7:30配信

デイリースポーツ

 男子高飛び込みで4月の日本室内選手権を史上最年少12歳で優勝した玉井陸斗(13)=JSS宝塚=が4日、金沢市で行われた日本代表合宿に参加した。

 “自転車禁止令”で五輪へ万全を期す。今年一気に飛躍した中学1年の逸材は、指導を受ける馬淵崇英コーチの助言で、ケガ防止のために体育の授業でボール競技は参加しないようにしているという。「自転車とかスケボーもやらないように気にしてます」と明かし、遊びに出かけても友達が自転車に乗る中、自身は最長で1~2キロ走って追いかけたこともあるという。決して長距離走が得意なわけではなく「しんどいですね」と苦笑いした。

 まだ五輪切符は得ておらず、来年2月の代表選考会を経て4月のW杯(東京)で上位18人に入れば日本男子史上最年少での五輪出場が決まるが、玉井は「そこではなくメダル争いを意識しているので」と断言。「(自身の)種目の難易度はシニアでも高い方にいると思うので、全て決めることができればメダル争いもできなくはない」と来夏に向けた未来予想図を広げた。

最終更新:2019/12/5(木) 8:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事