ここから本文です

JACROW「フィクション」開幕、「今までの路線とは一線を画した作品に」

2019/12/5(木) 11:56配信

ステージナタリー

JACROW「フィクション」が、昨日12月4日に東京・駅前劇場で開幕した。

脚本・演出を中村ノブアキが手がける本作は、2023年の日本を舞台にした物語。2020年に“世紀のお祭り”が開催され特需に沸いた日本は、いまや3年前の明るさを失い、閉塞感に覆われていた。“私”は“お祭り”によって生活が激変した3組の家族を取材し……。

【写真】JACROW #27「フィクション」より。(メディアギャラリー他3件)

開幕に際しJACROW代表の中村は、「今までの路線(ゴリゴリのビジネス劇や政争劇)とは一線を画した作品に仕上がりました。それでも会話の応酬による会話劇スタイルは変えていません。ぜひ新しいJACROWの挑戦を観に来ていただきたい」と観客にメッセージを送った。

東京公演は12月8日まで。12月14・15日には新潟・えんとつシアターでも上演される。

■ 中村ノブアキ コメント
1年ぶりの新作「フィクション」が開幕、おかげさまで満席での初日を迎えることができました。狙い通り、今までの路線(ゴリゴリのビジネス劇や政争劇)とは一線を画した作品に仕上がりました。それでも会話の応酬による会話劇スタイルは変えていません。ぜひ新しいJACROWの挑戦を観に来ていただきたい。東京は日曜まで。特に金曜昼の回はポストトークを開催します。また来週末は新潟です。よろしくお願いします。

■ JACROW #27「フィクション」
2019年12月4日(水)~8日(日)
東京都 駅前劇場

2019年12月14日(土)・15日(日)
新潟県 えんとつシアター

脚本・演出:中村ノブアキ
出演:近江谷太朗、福田真夕、佐藤貴也、狩野和馬、小平伸一郎、芦原健介、小崎愛美理、江口逢、谷仲恵輔、青木友哉、森田匠、當銀祥恵

最終更新:2019/12/5(木) 11:56
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ