ここから本文です

「ひつじのショーン」宇宙人ルーラの造形はUFO+ロケット?メイキング動画公開

2019/12/5(木) 13:30配信

映画ナタリー

クレイアニメーション「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」のメイキング映像がYouTubeで公開され、監督ウィル・ベチャーのコメントも到着した。

【動画】「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」メイキング動画(メディアギャラリー他19件)

イギリスのアードマン・アニメーションズが手がける「ひつじのショーン」シリーズは、「ウォレスとグルミット、危機一髪!」に登場するショーンを主人公としたスピンオフ作品。ベチャーとリチャード・フェランが監督し、4年弱もの歳月をかけて製作された今作では、ショーンたちの住む街に突如UFOが現れたことで物語が展開していく。

このメイキング映像は、新キャラクターである宇宙人ルーラにスポットを当てたもの。ルーラとその両親のパペット制作過程が収められた。ルーラ、ショーン、ビッツァーが宇宙船に乗るシーン、そしてショーンとルーラが出会うシーンのコマ撮り風景も確認できる。

ベチャーはルーラのフォルムについて「求めていたのは、イノセントであること。そして若さがありながらも幼すぎないことです。ストーリーの開発チームは最初、ジェットストリームやロケットのようなイメージのデザインで描いていて、それがよかったので同じ方向で進めました。エイリアンでありいろんな能力を持ち合わせていることから、カラフルであることも重要でした」と語る。結果的に、UFOをイメージした丸い頭部と、ロケットをイメージした円錐形のボディを組み合わせるシルエットとなった。

「ルーラはショーンやほかのキャラクターとは素材が異なる点、ショーンの世界観に新キャラクターとしてはまらなければならないという点があり、技術的にはすごく造形が難しかった」と語るベチャー。素材にはモデリングクレイを使用しつつ、撮影用のライトに当たっても溶けないよう、チョークを混ぜることで強度を持たせている。さらにベチャーは「柔軟性を持たせたかったので、新しいテクニックとしてシリコンを使っています。それによって伸縮性が出て、ヨレなくなるんです。ルーラのポイントである耳は、マジカルな力を表現するために、グリッターを少し混ぜるという工夫をしています」とこだわりを語った。

「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」は、12月13日に全国公開。



(c)2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All Rights Reserved

最終更新:2019/12/5(木) 13:30
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事