ここから本文です

ロッテ田中、プロ14年目で最高成績、1500万増で「いい経験になった」

2019/12/5(木) 12:48配信

デイリースポーツ

 ロッテ・田中靖洋投手(32)が5日、ZOZOマリンスタジアム内で契約更改交渉に臨み、1500万増の3500万円でサインした。(金額は推定)

 球団の田中への評価は「よくやってくれた」に尽きた。

 一気に1500万アップ。今季は44試合に登板して4勝1敗2Hで防御率2・72。8月に一時離脱したものの、プロ14年目で最高の成績を収めた。

 「いろんな場面で投げさせてもらって、いい経験になりました。来年は1年間やり通したい」

 「右打者の内角へのシュートをしっかり投げ込めた」と振り返るように強気の投球で何度もピンチを救った。

 「負けている中でもリズムよく投げるのがテーマだった。そこはよかった」。来季もブルペンの顔として若手投手たちを引っ張っていく構えだ。

最終更新:2019/12/5(木) 12:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事