ここから本文です

インフルエンザの流行、AIで予測 予防・外出見直しの参考に さいたま市で実験

2019/12/5(木) 14:46配信

ITmedia NEWS

 日立製作所と損保ジャパン日本興亜は12月5日、AI技術を活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測するサービスを試験的に始めると発表した。予測結果は、Webサイトなどで公開。予防に役立つ情報も配信する。期間は12月6日~2020年3月20日まで。

LINEアカウントのQRコード(画像)

 日本医師会ORCA管理機構が全国4000以上の医療機関から収集した、市町村別の患者数のデータ「ORCAサーベイランス」を活用。日立が開発したAIが、ORCAサーベイランスのデータを分析し、4週間先までの流行状況を予測する。

 予測結果はレベル0~レベル3に分け、Webサイトで公開。さいたま市内の小売店舗内にあるサイネージにも表示する他、LINEの専用アカウントを開設し、定期的に情報を配信する計画だ。

 インフルエンザの流行予報を事前に提供し、手洗いやうがいといった予防を促す。子育て世帯では、仕事の調整やレジャーの計画見直し、学校での対応、感染した場合に備えた行動をとりやすくなる──といった効果も見込んでいる。

 両社は「日立の先進のテクノロジーと、損保ジャパン日本興亜が有する自治体とのネットワークを活用した」と説明。今後はサービスの事業化を目指す他、さらに潜在的なニーズを発掘し、新しいサービスを検討することも視野に入れる。

ITmedia NEWS

最終更新:2019/12/5(木) 14:51
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事