ここから本文です

国内でも珍しい「ストーブ列車」ツアー! 12月21日、津軽鉄道がストーブ列車をトワイライト運行

2019/12/5(木) 14:56配信

ねとらぼ

 青森県の津軽鉄道が名物の「ストーブ列車」を2019年12月21日にトワイライト運行します。

【画像】名物のダルマストーブ。スルメも焼ける

 津軽鉄道は五所川原~津軽中里間の約20.7キロを結ぶ青森県津軽地方の鉄道事業者。冬季名物の津軽鉄道ストーブ列車は、「昭和の急行列車」の雰囲気を残す旧型客車に置かれたダルマストーブが名物です。

 通常は日中時間帯のみの運行ですが、日本旅行との共同企画旅行商品「ストーブ列車で楽しむ 津軽のクリスマストワイライト」でトワイライト特別運行を実施。クリスマスの雰囲気をレトロな客車と地元の料理で堪能できるよう企画したそうです。あぁ何ともほんわかな特別感。

 往路では津軽の食材を生かした前菜とリンゴをモチーフにしたお酒、折り返し駅の津軽中里駅では津軽の郷土料理「けの汁」と夕食弁当、復路ではリンゴを使ったスイーツとコーヒーが出ます。お土産として津軽鉄道名物の「みそドーナツ」も付きます。

 列車の運転時刻は、往路が津軽五所川原17時発で津軽中里17時45分着。復路が津軽中里18時44分発、津軽五所川原19時29分着です。津軽五所川原駅へ到着後解散となります。

 旅行代金は9800円(税込み、大人/小人同額)。座席は4人掛けのボックス席を2人で使う「1人2席専有」型。募集は32人、申し込みは日本旅行のWebサイトで受け付けます。

 既に予約受け付けは開始していますが、2019年12月5日14時現在、まだ空席があることを確認。通常は日中しか運行しないストーブ列車で、夕暮れ時の幻想的な風景とダルマストーブの暖かさをしんみりと感じてみてはいかがでしょうか。

(大泉勝彦)

ねとらぼ

最終更新:2019/12/5(木) 14:56
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事