ここから本文です

「アイリッシュマン」NY映画批評家協会賞で2冠、「アス」ルピタ・ニョンゴが女優賞

2019/12/5(木) 17:12配信

映画ナタリー

第85回ニューヨーク映画批評家協会賞の受賞結果が発表された。

オスカー俳優だけでなく、型にとらわれずに受賞者を選定することでも知られるニューヨーク映画批評家協会賞。昨年はアルフォンソ・キュアロンが監督を務めたNetflixオリジナル映画「ROMA / ローマ」が作品賞、監督賞、撮影賞の3冠を達成し、コメディ映画「Support the Girls(原題)」のレジーナ・ホールが最優秀女優賞に選ばれた。

【写真】「マリッジ・ストーリー」ビジュアル(メディアギャラリー他3件)

今年度は、昨年に引き続きNetflixオリジナル映画であるマーティン・スコセッシの監督作「アイリッシュマン」が作品賞に。実在したヒットマン、フランク・シーランの姿を通してアメリカ裏社会を描く本作では、マフィアのラッセル・ブファリーノを演じたジョー・ペシも最優秀助演男優賞に選ばれた。

また、「神様なんかくそくらえ」のベニー・サフディとジョシュア・サフディ兄弟が、アダム・サンドラー主演の最新作「Uncut Gems(原題)」で監督賞を受賞。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のクエンティン・タランティーノが脚本賞、「アス」のルピタ・ニョンゴが最優秀女優賞、「Pain and Glory(英題)」のアントニオ・バンデラスが最優秀男優賞に輝いた。ゴッサム・インディペンデント映画賞2019で作品賞など4冠となったNetflix映画「マリッジ・ストーリー」とグレタ・ガーウィグ監督作「Little Women(原題)」からは、ローラ・ダーンが最優秀助演女優賞に選ばれている。

「アイリッシュマン」や長編アニメーション賞の「失くした体」、新人監督賞にあたる第1回作品賞の「アトランティックス」はNetflixで現在配信されており、「マリッジ・ストーリー」も明日12月6日から視聴可能に。「アイリッシュマン」と「マリッジ・ストーリー」は全国の劇場で上映も行われている。外国語映画賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」は、1月10日より全国ロードショー。

■ 第85回ニューヨーク映画批評家協会賞 受賞結果
□ 作品賞
「アイリッシュマン」

□ 監督賞
ベニー・サフディ、ジョシュア・サフディ「Uncut Gems」

□ 脚本賞
クエンティン・タランティーノ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

□ 最優秀女優賞
ルピタ・ニョンゴ「アス」

□ 最優秀男優賞
アントニオ・バンデラス「Pain and Glory」

□ 最優秀助演女優賞
ローラ・ダーン「マリッジ・ストーリー」「Little Women」

□ 最優秀助演男優賞
ジョー・ペシ「アイリッシュマン」

□ 撮影賞
「Portrait of a Lady on Fire(英題)」(撮影:クレア・マトン)

□ ノンフィクション映画賞
「Honeyland(原題)」(監督:タマラ・コテフスカ、リュボミル・ステファノフ)

□ 外国語映画賞
「パラサイト 半地下の家族」(監督:ポン・ジュノ)

□ 長編アニメーション賞
「失くした体」(監督:ジェレミー・クラパン)

□ 第1回作品賞
「アトランティックス」(監督:マティ・ディオプ)

□ 特別賞
インディーコレクト、ランディ・ニューマン

最終更新:2019/12/5(木) 17:12
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事