ここから本文です

「おサイフケータイ」をタッチレスに スマホをかばんに入れたまま決済 ドコモとソニーが実験

2019/12/5(木) 17:34配信

ITmedia NEWS

 NTTドコモは12月5日、「おサイフケータイ」対応スマートフォンをかばんやポケットに入れたまま、レジなどで決済できる新技術の実証実験を行うと発表した。端末を読み取り機にかざす手間を解消する狙い。

【図】新技術の仕組み

 実施期間は2019年12月10日~20年1月末の予定。おサイフケータイのベースとなる非接触決済技術「FeliCa」を手掛けるソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(以下ソニー)も実験に協力する。

 新技術は、超広帯域無線システム(UWB)を用いた測距技術、Bluetoothなどの無線通信技術とFeliCaを組み合わせたもの。スマホと読み取り機が通信し、お互いの距離や角度を測することで、決済を行うユーザーの端末を特定。他人のスマホを誤って決済に使用するケースを防いだ上で、自動で決済するという。

 ドコモは新技術に対応したスマホの試作機とアプリを、ソニーは読み取り機の試作機を開発。実用化を目指して技術の有用性を検証する。

 決済の他、スマホを使ってクルマのキーを開錠・施錠する技術や、デジタルサイネージが配信したクーポンをスマホで受け取る技術など、さまざまなタッチレスサービスの実証も行うという。

ITmedia NEWS

最終更新:2019/12/5(木) 20:30
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事