ここから本文です

香川の弁護士、9回目の懲戒処分 業務停止2カ月

2019/12/5(木) 19:12配信

共同通信

 香川県弁護士会は5日、損害賠償請求事件の受任に当たり必要な説明を怠ったなどとして、同会所属の生田暉雄弁護士(78)を業務停止2カ月の懲戒処分にしたと発表した。生田弁護士は過去に戒告や業務停止など8回の懲戒処分を受けている。

 弁護士会によると、生田弁護士は2013年5~11月の間、県外の金融機関の融資にまつわるトラブルの損害賠償請求事件などを受任。その際、消滅時効により請求が認められない可能性などの説明を怠った。依頼人が14年11月、弁護士会に懲戒請求した。

 同会によると、生田弁護士は大阪高裁判事などを経て、1992年から弁護士となり同会に所属している。

最終更新:2019/12/5(木) 19:34
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事