ここから本文です

ウーバー労組、報酬下げに抗議 団体交渉も要請

2019/12/5(木) 20:26配信

共同通信

 米ウーバー・テクノロジーズが展開する宅配サービス「ウーバーイーツ」が11月に配達の報酬を一方的に引き下げたのは不当だとして、配達員らで作る労働組合が5日、東京都渋谷区の日本法人を訪れ、抗議とともに、団体交渉に応じるよう要請した。記者会見した労組の前葉富雄執行委員長は「月単位でみれば数万円の報酬が下がる。説明がなく納得できない」と訴えた。

 11月20日に東京エリアの報酬の引き下げがメールで通知され、同29日から実施された。距離1キロ当たりの報酬が150円から60円になり配達員側の手取りが減るなどしたため、5キロの距離を配達した場合、約22%の減額になる。

最終更新:2019/12/6(金) 0:15
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事