ここから本文です

トーキング・ヘッズのジェリー・ハリスンとエイドリアン・ブリュー、『リメイン・イン・ライト』ツアー開催

2019/12/5(木) 13:36配信

BARKS

トーキング・ヘッズの4枚目のスタジオ・アルバム『Remain In Light』(1980年)の40周年を記念し、元メンバーのジェリー・ハリスンとサポート・メンバーだったエイドリアン・ブリューが、2020年に世界各地のフェスティバルに出演するツアーを開催する。

◆『Remain In Light』画像

エイドリアンは、「知らない人がいるかもしれないので念のため、あの独創性に富んだアルバム『Remain In Light』が来年、40周年を迎え、僕はあの作品での自分の役割を再現し、偉大なファンク・バンドTurkuazとトーキング・ヘッズの仲間ジェリー・ハリスンと、1年を通じフェスティバルに出演する世界ツアーを行なう」と、発表した。

ハリスンは「長いこと、ツアーをやっていなかったが、Turkuaz(のアルバム)をプロデュースし出してすぐ、またトーキング・ヘッズの曲をプレイしてみたいって思い始めたんだ。Turkuazは、あの音楽を真に理解している数少ないアーティストの1組だ。エイドリアンが同意したとき、1980年にローマで開催したトーキング・ヘッズのアイコン的な公演での興奮と楽しみを再現できると確信した」と、コメントしている。

現時点、6月に米ミシガン州で開かれる<Electric Forest>、7月にバージニア州で開かれる<FloydFest>への出演のみ告知されているが、今後、さらなる日程が発表されるという。

『Remain In Light』は、ブライアン・イーノがプロデュースした3作品最後のアルバムで、トーキング・ヘッズのメンバー、デヴィッド・バーン(Vo)、ジェリー・ハリスン(Key,G)、ティナ・ウェイマス(B)、クリス・フランツ(Ds)に加え、イーノ、ブリュー、ジョン・ハッセルらがレコーディングに参加した。

Ako Suzuki

最終更新:2019/12/5(木) 13:36
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事