ここから本文です

ルディ・サーゾ、文無しだったが、オジー・オズボーンからの最初の誘いを断った理由

2019/12/5(木) 17:26配信

BARKS

80年代初め、オジー・オズボーンのバンドに加入したベーシストのルディ・サーゾは、“腹をすかせたミュージシャン”だったにも関わらず、1回目の誘いは断り、2回目に声をかけられたとき、承諾したそうだ。

◆『Speak Of The Devil』画像

彼は、最初断った理由を、『Chuck Shute』ポッドキャストでこう明かした。「俺は困難な状況から立ち去るタイプではない。人々を置き去りにはしない。(当時は)床で寝てた。Angel(バンド)のツアーは全く金にならなかった。LAにいる腹をすかせたミュージシャンの1人だった。Angelってバンドにいたが、レコード契約はなく、新しい契約を見つけるのに苦戦してた。約束された未来なんてものはなかったよ。でも、俺はバンドの一員だったから、さっさと逃げ出すつもりなんてなかった」

サーゾは当時、オジーの現在の妻/マネージャー、シャロンから電話を貰ったが、オジーのこともシャロンのこともよく知らず、断ることに躊躇しなかったという。「いま、シャロンと言えば、誰でも知ってる、この業界で最も成功を収めたアーティストの1人と結婚し彼をマネージメントする、力を持つ成功した女性だ。でも、40年くらい前はそうじゃなかった。オジーもシャロンもいまのようなプロフィールではなかった。彼女はただオジーのマネージャーだった。マネージャーでさえなかったかもしれない。マネージャーの娘だった。だから、“ワオ、シャロンから電話があった”っていうんじゃなかったよ」

オジーに対しても、彼のソロ・アルバムは聴いたことがなく、彼のバンドにはランディ・ローズがいるということくらいしか知識がなかったそうだ。

サーゾは1981年にオジーのバンドに加入した。翌年(1982年)、ランディ・ローズが亡くなったのを機に脱退している。

Ako Suzuki

最終更新:2019/12/5(木) 17:26
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事