ここから本文です

【ラグビー】英国&アイルランドのドリーム軍がW杯王者南アと激突へ ライオンズ2021ツアー日程決定

2019/12/5(木) 1:37配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 4年に一度結成されるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズが2021年に実施する、南アフリカツアーの試合スケジュールが決まった。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの一流選手を集めたドリームチームが、ワールドカップ2019で優勝した南ア代表“スプリングボックス”とのテストシリーズ3戦を含め計8試合をおこなう。

 初戦は2021年7月3日、ケープタウン・スタジアムでストーマーズと対戦。ストーマーズ以外のスーパーラグビーチームでは、シャークス、ブルズとも激突する。ミッドウィークマッチには、南アフリカ招待チーム、南アフリカAチームとの試合が組まれた。
 スプリングボックスとのテストマッチ初戦は7月24日で、最大約9万人を収容できるジョハネスバーグ(ソウェト)のFNBスタジアムでおこなうことが決まった。テストマッチ第2戦は7月31日にケープタウン・スタジアムで実施。そして、ツアー最終戦でもあるテストマッチ第3戦は8月7日、ジョハネスバーグ市内中心部にあるエミレーツエアライン・パーク(エリスパーク)で開催される。

 2021ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのヘッドコーチ(HC)を務めるのは、2013年と2017年のツアーでも指揮を執ったウォーレン・ガットランド氏(ウェールズ代表前HC、チーフス新HC)。
 ライオンズは2013年のオーストラリア遠征では同国代表“ワラビーズ”相手に2勝1敗と勝ち越し、2017年のニュージーランド遠征では同国代表“オールブラックス”と1勝1敗1分という成績だった。前回(2009年)の南アフリカ遠征ではスプリングボックスに1勝2敗と負け越しており、リベンジの思いも込めて「打倒・ワールドカップチャンピオン」を目標に掲げるツアーとなる。

<2021 ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ 南アフリカツアー日程>

■7月3日(土) vs ストーマーズ (ケープタウン・スタジアム/ケープタウン)
■7月7日(水) vs 南アフリカ招待チーム (ネルソン・マンデラ ベイスタジアム/ポートエリザベス)
■7月10日(土) vs シャークス (キングズパーク/ダーバン)
■7月14日(水) vs 南アフリカA (ムボンベラ・スタジアム/ネルスプロイト)
■7月17日(土) vs ブルズ (ロフタス・ヴァースフェルド/プレトリア)
■7月24日(土) vs 南アフリカ代表 (FNBスタジアム/ソウェト)
■7月31日(土) vs 南アフリカ代表 (ケープタウン・スタジアム/ケープタウン)
■8月7日(土) vs 南アフリカ代表 (エミレーツエアライン・パーク/ジョハネスバーグ)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事