ここから本文です

チアゴ・シウバは契約更新を望むもクラブは前向きではない

2019/12/5(木) 6:50配信

SPORT.es

ブラジル人CBのチアゴ・シウバは2020年の6月以降もパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーしたいという希望を見せているが、今のところクラブは彼の契約更新に前向きではないと3日(火)に『L’Equipe』は報じている。

チアゴ・シウバ、ロドリゴを高く評価「僕らとの試合には出場しないで」

どうやらパリの同クラブは、35歳の同CBはクラブ内での重要なサイクルを全うしたと考えており、彼の高額な年俸も考慮されているようだ。

ここ数年はリーダーシップも下がっており、レオナルドを納得させることができていない。欧州チャンピオンズリーグ(CL)での敗退のように、重要な場面で求められたトップレベルのパフォーマンスを見せることができていない。

現在のところ、クラブは別の道を考えているものの、同選手の代理人を務めるパウロ・トニエットは、彼の契約更新に向けての交渉は2020年の1月に開始する予定であることを発表している。

1年の契約延長を望んでいるシウバはシーズン序盤では高いレベルを見せており、PSGのSDレオナルドと交渉を試みている。しかし同選手も彼の代理人もクラブからは何の合図も受けていない。彼を残留させる気持ちは僅かなようだ。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/5(木) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事