ここから本文です

北日本日本海側 あすにかけて大雪に注意 太平洋側は冬晴れ

2019/12/5(木) 5:37配信

ウェザーマップ

 きょう(木)は、北日本の日本海側では暴風のピークは過ぎたものの、風の強い状態が続き、ふぶく所がある見込み。雪が続くため大雪による交通障害やなだれには引き続き注意が必要となる。太平洋側は晴れる所が多いものの、日中の気温は全国的にきのう(水)より低く、この時季らしい寒さとなりそうだ。

北日本日本海側 さらなる大雪に注意

 きょう(木)も冬型の気圧配置が続き、山陰から北の日本海側は時雨模様となって雪や雨が降る。北日本では雪雲の流れ込み続ける所があり、ふぶく所もある見込み。あす(金)の朝にかけて予想される雪の降る量は、いずれも多い所で、東北の日本海側の山沿いで50センチ、平地で30センチ、北海道で40センチとなっていて、東北の太平洋側の平地でも雪が降る見込み。
 北日本の日本海側では、この2日間で50センチ前後の雪が降った所があり、青森県の酸ヶ湯(すかゆ)では午前5時現在、積雪69センチとなっていて、秋田市内も雪が積もっている。さらなる大雪に注意が必要となる。

 北陸や山陰も、雷を伴って雨や雪の強まる所があり、北陸も夜から雪に変わる所が多くなりそうだ。

 一方、太平洋側はきょうも冬晴れの一日となりそうだ。空気が乾燥するため、火の取り扱いや体調管理には気をつけたい。
 沖縄は湿った空気の影響で雨となり、次第に風が強まる見込み。強風や高波に注意が必要となる。

北日本は厳しい寒さ

 強い寒気が流れ込んでいる北日本では、最高気温が札幌で-1℃、青森で0℃など、真冬のような寒さが続く。西日本や東日本の太平洋側もきのうより低く、師走らしい寒さとなる所が多くなりそうだ。名古屋では10℃と真冬のような寒さとなる所もある見込み。東京はきのうと同じくらいで15℃くらいまで上がる予想。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:2019/12/5(木) 6:06
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事