ここから本文です

「星のブランコ」周辺鮮やかに染まる 大阪・ほしだ園地で紅葉見ごろ

2019/12/5(木) 13:55配信

THE PAGE

「星のブランコ」周辺鮮やかに染まる 大阪・ほしだ園地で紅葉見ごろ

 大阪府交野市の大阪府民の森「ほしだ園地」にあるつり橋「星のブランコ」付近の紅葉が見ごろを迎えており、5日は平日にもかかわらず、多くの見物客でにぎわいをみせていた。

【映像】星のブランコ周辺をぶらり 多くの見物人でいっぱい

 管理事務所によると、1997年に大阪国体山岳競技の会場として同園地にクライミングウォールが整備され、そのころに吊り橋も作られた。 交野市は「七夕伝説の里」としても知られており、星降る里のシンボルという意味合いから吊り橋に「星のブランコ」という愛称がつけられているという。

 大阪管区気象台によると、5日午後2時現在の大阪市の最高気温は12.5度。そんな寒さの中、星のブランコを見ようと、見物人は増えている。京都市南区から来たという主婦(44)は「駐車場から1時間ほど歩きましたが、ここはそれだけ疲れる価値もあります。きょうは天気が悪いけど、京都タワーも展望台から見えますよ」と話していた。

最終更新:2019/12/5(木) 22:49
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事