ここから本文です

アウトドア好きママライダーがヤマハ「セロー」に試乗! 冒険が日常の延長線上にあるようでうれしいし!

2019/12/5(木) 11:11配信

バイクのニュース

街乗り、林道、高速道路そしてタンデムも楽しめるヤマハ「セロー250」

 ヤマハのオフロードタイプの公道仕様車「セロー(SEROW)250」は、軽量で扱いやすい車格、低中速トルクがあって扱いやすいエンジン、操作性のよいハンドリングとサスペンションセッティングなどが特徴で、街乗りから林道まで楽しめます。オンもオフも走れちゃう、アドベンチャーモデルやデュアルパーパスモデルと呼ばれる人気のカテゴリーに属するモデルです。

【画像】ママライダーが「セロー250」に試乗!

 初代の225ccモデルは1985年に登場し2000年まで生産。2005年に排気量を250ccにアップし再デビュー。2017年に排出ガス規制の影響を受けて生産終了となりましたが、2018年に規制をクリアして復活! ビギナーからベテランまで、幅広い世代に根強いファンがいます。

 そういう筆者(守田二草)もセローファン。かつて娘が小学生だった頃は、タンデムして海や山へキャンプツーリングに行ったこともありました。街乗りだけじゃなく高速道路も走れますし、ちょっとしたダートだって走れちゃう。1台だけでさまざまなフィールドを気軽に楽しめるのです。

 2017年に生産終了と発表された時はとても残念に思っていたので、復活した時は本当にうれしくて新しいモデルに興味津々だったのです。そこで、現行のセロー250の乗り心地と使い勝手を改めてチェックしてみました!

スリムでスマート! カモシカのようなしなやかさも魅力

 現行のセロー250は、新たにO2フィードバック制御のFI(フューエルインジェクション)を採用し、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターを装備。また、新設計のロングタイプ・リアフェンダー、LEDテールランプなどを採用しています。

 モデルチェンジといえば、イメージを刷新するためにルックスをガラリと変えてくることが多いですが、復活したセローは旧モデルのデザインを踏襲。テールライトやフェンダーなどのリアまわりが刷新され、エンジンのクランクケースの左前にキャニスターが装着されましたが、外観の印象に大きな変化はありません。昔ながらのセローファンにはうれしい限りです。

 現行モデルのファーストルックは好印象。スリムでありながらも、ほどよく丸みのあるフォルムが有機的な雰囲気です。オフロードモデル独特の鋭角で戦闘的な印象はなく、まるでカモシカのようなしなやかさと温もりを感じます。

 ちなみにモデル名のモチーフとなっているのはカシミール、中国南部・中央部などに棲息するヒマラヤカモシカ。岩場を走るのに適した柔らかいひづめが特徴なんだとか。タンクのカモシカのグラフィックがイメージにピッタリ! このタンクグラフィックは娘のお気に入りポイントでもあるのです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/5(木) 14:42
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事