ここから本文です

U-15で躍動した「積極性溢れるショートストップ」 八谷晟歩(佐賀フィールドナイン)が歩むのは田中広輔(広島)の道

2019/12/5(木) 7:20配信

高校野球ドットコム

 愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。侍ジャパンU-15代表は、11月24日のチャイニーズ・タイペイ戦で10対0の5回コールド勝ちを収めて5大会連続優勝を達成した。

【写真】U-15代表の本格派左腕・西田稀士郎(佐賀フィールドナイン)

 今大会、本格派左腕の西田稀士郎と共に佐賀フィールドナインから代表に選出された八谷晟歩は、2番・遊撃手として2試合に出場。6打数3安打3打点と結果をきっちりと残し、実力派内野手として存在感を示した。

 八谷のプレースタイルを一言で表すなら、「アグレッシブ」だ。
 守備ではミスを恐れずに前へ出る姿勢が素晴らしく、打者としても積極的にスイングしていく心構えが備わっている。また足も速くて体が強いため、一つ一つのプレーに躍動感があり、右左の違いはあるが広島東洋カープの田中広輔のプレースタイルを思わず重ね合せてしまう選手だ。

 持ち前の「積極性」で侍ジャパンU-15代表の日本一に大きく貢献した八谷であるが、大会後には「皆で優勝できたことが嬉しいです」と思わず笑みをこぼした。 この大会での経験を活かして、もちろん高校野球でも活躍していきたいところであるが、その一方で今大会では課題も見つかったと八谷は語る。

 「みんなのレベルが高くて自分もついていくのに必死でした。特に守備では、同じポジションの選手よりも捕ってからのスピードが全然違いました。高校では1年生から試合に出場できるように、そこをしっかり練習していきたいと思います」

 高校野球では更なる成長を求めて、九州を出て野球に打ち込んでいくと話す八谷。その積極的なプレースタイルで今後は甲子園を沸かせて欲しい。

栗崎祐太朗

最終更新:2019/12/5(木) 7:20
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事